FC大阪は8日、京都産業大学に在学するGK山本透衣(22)の2024シーズン加入内定を発表した。

U-18まで北海道コンサドーレ札幌の下部組織に所属していた山本。2019年には2種登録もされていたが、トップチーム昇格とはならず京都産業大学に進学した。

来シーズンからプロの世界に入ることが決まった山本は、クラブを通じて関係者への感謝やこれからの意気込みを述べている。

「2024年シーズンよりFC大阪に加入することになりました、京都産業大学の山本透衣です。幼い頃からの夢であったプロサッカー選手のキャリアをFC大阪でスタートできることを大変うれしく思います。これまでご指導いただいたコーチやスタッフの方々、チームメイト、各地から応援していただいた皆さま、なにより、どんな時も夢に向かう環境を与えてくれた家族に支えられてこの日を迎えられたこと、感謝の気持ちでいっぱいです」

「FC大阪に関わるすべての皆さま、初めまして。1日でも早く花園で活躍しFC大阪の勝利に貢献できるように、そして皆さまに応援していただける選手になれるよう日々努力します。これからどうぞよろしくお願いいたします」