レアル・ソシエダの日本代表FW久保建英が高評価を受けている。

8日、チャンピオンズリーグ(CL)グループD 第4節でソシエダはホームにベンフィカを迎えた。

グループ首位も見えるソシエダと、3連敗で敗退の危機にあるベンフィカの一戦。久保はこの試合も右ウイングとして先発出場した。

その久保は前半攻守に躍動。開始6分にはミケル・メリーノのゴールの起点となると、2-0で迎えた21分にはアンデル・バレネチェアのゴールの起点にもなり、守備でも貢献していた。

70分にピッチを後にしたが、チームは3-1で勝利。グループ首位に立つことに成功し、ベンフィカは4連敗で敗退となった。

躍動していた久保に対し、スペイン『ElDesmarque』は7点(10点満点)の評価を与えた。

「日本人にとって素晴らしい試合で、クオリティの高い絶妙な動きとスピードに乗った電光石火の攻撃を見せた」

「何度かボールを失ったが、素晴らしいパフォーマンスを見せていた」

また、スペイン『Noticias de Gipuzkoa』は8点(10点満点)の評価。チームメイトにも好影響を与えていたとした。

「いつものように素晴らしい。彼が最も印象的なのは、一貫性だ。いつも上手くプレーする」

「彼は相手のサイドバックに大きなダメージを与えた。最初のゴールの起点となり、3点目も起点となった。後半は疲れているように見えた」

「今回はみんながとてもインスピレーションを受けており、彼を探すことに苦労はしていなかった」



久保所属のソシエダvsベンフィカ、アヤックスvs三笘所属のブライトンなど
CL・ELはWOWOWで放送&配信!
>無料トライアル・放送予定など詳しくはこちら