ナポリのルディ・ガルシア監督がウニオン・ベルリン戦のドローを振り返った。『UEFA.com』が伝えた。

8日、チャンピオンズリーグ(CL)グループC第4節でウニオンをホームに迎えたナポリ。負傷離脱中のFWビクター・オシムヘンを欠く中、FWマッテオ・ポリターノのゴールにより前半のうちに先制。しかし、後半の立ち上がりに失点を喫し1-1のドローで終えた。

ナポリが勝ち点「1」を積み上げるにとどまった一方、今節は同組のレアル・マドリーの決勝トーナメント進出が決定。2位の座はキープしてはいるナポリだが、ガルシア監督は勝ちきれなかったことを悔いた。

「我々はミスから失点した。結果は残念に思う。勝てる可能性があったし、勝つに値したが、勝てなかった。我々にはチャンスがあり、相手GKがセーブを見せたが、彼らのシュートもポストに直撃した」

グループ2位以内確定を目指して臨む第5節は、サンチャゴ・ベルナベウでのマドリー戦。ガルシア監督はチームのパフォーマンスレベルに胸を張ると同時に、改善点も指摘した。

「結果を出すためにマドリードに行くつもりだ。ここで我々は彼らと同じレベルでプレーできることを証明した。今夜、我々はチャンスを活かすべきだったし、後方でリスクを負うべきではなかった」

久保所属のソシエダvsベンフィカ、アヤックスvs三笘所属のブライトンなど
CL・ELはWOWOWで放送&配信!
>無料トライアル・放送予定など詳しくはこちら