パリ・サンジェルマン(PSG)の選手たちが、才能あふれる若手を盛大に祝福した。

今シーズンはなかなか調子が上向かないものの、リーグ・アンでは2位につけ、チャンピオンズリーグ(CL)でもグループ2位に位置するPSG。しかし、7日の第4節ではミランに敗れ、混沌としている。

そのPSGにとって嬉しいニュースが9日に舞い込むことに。アカデミー育ちのMFウォーレン・ザイール=エメリがフランス代表に初招集されていた。

17歳8カ月でのフランス代表招集は、MFエドゥアルド・カマヴィンガ(レアル・マドリー)の保持する1945年以降のフランス国代表最年少招集記録を更新することに。歴史に名を刻んだ若手を、チームメイトは盛大に祝福した。

部屋のベッドで休んでいたザイール=エメリ。するとフランス代表の先輩であるFWキリアン・ムバッペや弟のイーサン・ムバッペ、モロッコ代表DFアクラフ・ハキミらが突然部屋に乱入。ベッドにいるザイール=エメりに向かってダイブし、代表初招集を祝福した。

少し手荒ながらも心温まるチームメイトからの祝福を受けたザイール=エメリ。どこか照れ臭さもありながら、祝ってくれた先輩たちへ感謝の握手とハグをしていた。

ファンはチームのホッコりするシーンに「最高のチームメイト」、「こんなに喜んでるとは」、「この団結力を見られて嬉しい」とコメント。また、初招集を受けたザイール=エメリには「ウォーレンを誇りに思う」、「彼は値する」、「おめでとう」と祝福のコメントを寄せている。