【明治安田生命J1リーグ第32節】
2023年11月12日(日)
15:00キックオフ
浦和レッズ(3位/54pt) vs ヴィッセル神戸(1位/62pt)
[埼玉スタジアム2002]

◆ラストチャンス、公式戦連敗を払拭へ【浦和レッズ】

1週間前は国立競技場で歓喜に包まれることができず、目の前でタイトル逸。ミッドウィークのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)では浦項スティーラース相手にアウェイで敗れ連敗。苦しい状況となっている。

加えてキャプテンの酒井宏樹は耐えてきた右ヒザの手術に踏み切り離脱。逆転でのリーグ優勝に僅かな望みがあったチームにとって、厳しい状況が続いている。

でも、諦めることなどする訳もない。ラストチャンス、勝たなければ終わるという状況をホームで迎えられる。浦和にとってこれ以上盛り上がることはないシチュエーション。ここまでギリギリの戦いもありながら、なんとかこの位置を確保してきたのであれば、やれることは最後までやりたいところだ。

ACLもアウェイで戦い消耗していることは事実。どう考えても有利な点はないが、あるとすればホームに駆けつける浦和の誇りでもあるファン・サポーターの声。その後押しを受け、望みを繋ぐことができるだろうか。

★予想スタメン[4-2-3-1]
GK:西川周作
DF:馬渡和彰、アレクサンダー・ショルツ、マリウス・ホイブラーテン、荻原拓也
MF:伊藤敦樹、岩尾憲
MF:小泉佳穂、安居海渡、髙橋利樹
FW:ブライアン・リンセン
監督:マチェイ・スコルジャ
出場停止:明本考浩

◆勝ってまた一歩前進へ【ヴィッセル神戸】

チームとしては残り3試合。悲願のJ1制覇に残された試合だ。ルヴァンカップの決勝があったことで2週間空き、相手よりはコンディションは間違いなく良いだろう。

ただ、山口蛍が前節欠場し、佐々木大樹が負傷と不安材料もある。この2週間での回復が期待されるが、簡単に優勝はさせてくれないというシナリオにも思える。

とはいえ、2位の横浜F・マリノスとの勝ち点差は「2」。立ち止まる余裕など皆無で、今節にも首位陥落の可能性すら残る。危機感もある中でのアウェイ・浦和戦は最後の試練とも言えそうだ。

今シーズンここまで積み上げてきた戦い方を今こそ出す時。しっかりとチャンスを見極め、仕留めていけるかどうか。王者の資格があるか試される一戦となりそうだ。

★予想スタメン[4-3-3]
GK:前川黛也
DF:酒井高徳、山川哲史、本多勇喜、初瀬亮
MF:山口蛍、扇原貴宏、井出遥也
FW:佐々木大樹、大迫勇也、武藤嘉紀
監督:吉田孝行