三菱重工浦和レッズレディースは9日、AFC Women's Club Championship 2023 – Invitational Tournament(AWCC)グループA第3節で花蓮女子FC(チャイニーズ・タイペイ)と対戦し、6-0と大勝を収めた。

初戦のスリー・ゴクラム・ケララFC(インド)戦を8-0、第2戦のバンコクFC(タイ)戦を6-1と、いずれも大量点を奪って2連勝を飾った浦和。フレッシュな面々が先発に名を連ねた今節も開始早々に試合を動かす。

4分、西村の対角フィードを高塚が左ポケットからワンタッチで折り返すと、清家がヘディングシュート。GKはキャッチしたが、ゴールラインを割ったと判定された。

勢い止まらず、その3分後には早くも追加点を奪取。遠藤が島田とのワンツーを駆使して右サイドを突破し、グラウンダーのクロスを送ると、19歳の司令塔・高塚が豪快に蹴り込んで加入後初ゴールをマークするリードを広げる。

16分には先制点と同じような形で再び加点。敵陣中央の角田がボックス内左へ斜めのパスを送り、オーバーラップした佐々木が頭で折り返す。これに清家が右足で合わせて瞬く間に3点差とした。

以降も完全なハーフコートゲームが続く展開の中で、次のゴールが生まれたのは45分。相手GKの力ないゴールキックをバイタルエリアで清家がカットし、自ら右ポケットへ持ち運んでクロスを送る。左ポストに当たって中へ跳ね返ったところを島田が押し込んだ。

後半も開始直後に遠藤の右足シュートがクロスバーを直撃するなど、浦和も優勢は変わらず、再びのゴールは66分に生まれる。

右サイドでのゆったりとしたボール回しから水谷がテンポを上げ、ボックス手前の角田へパス。角田はターンしてラストパスを送ると、右ポケットから清家が右足を振り抜いてハットトリックを達成した。

清家は直後にお役御免となり、伊藤美紀と交代。すると、その伊藤も早々に得点に絡む。74分、右サイド高い位置で遠藤が受けると、キックフェイントを1つ入れて右ポケットの伊藤を使い、リターンを受けてボックスへ侵入。左足でネットを揺らした。

以降もまったく相手を寄せ付けなかった浦和は、最終盤にこそセットプレーから一瞬ヒヤリとしたものの、90分の大部分を相手陣内で過ごし、貫録の3連勝。来年に予定しているグループB首位との決勝へと臨む。

三菱重工浦和レッズレディース 6-0 花蓮女子FC
【浦和】
1-0:4分 清家貴子(浦和L)
2-0:7分 高塚映奈(浦和L)
3-0:16分 清家貴子(浦和L)
4-0:45分 島田芽依(浦和L)
5-0:66分 清家貴子(浦和L)
6-0:74分 遠藤優(浦和L)

◆三菱重工浦和レッズレディース
GK:伊能真弥(→HT 鈴木佐和子)
DF:遠藤優、西村紀音、髙橋美紀 、佐々木繭(→78分 栗島朱里)、
MF:清家貴子(→70分 伊藤美紀)、角田楓佳、水谷有希(→81分 安藤梢)、高塚映奈
FW:西尾葉音、島田芽依(→HT 河合野乃子)