ナポリは12日、セリエA第12節でエンポリとのホーム戦に臨み、0-1で敗れた。

前節のサレルニターナ戦は2-0で快勝、ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)のウニオン・ベルリン戦はドローで終えた4位ナポリ(勝ち点21)。引き続きオシムヘンをケガで欠く中、クワラツヘリアやジエリンスキもベンチスタートに。シメオネとラスパドーリを縦並びの2トップ気味に配し、左にエルマス、右にポリターノを置く布陣で、19位エンポリ(勝ち点7)との一戦に臨んだ。

立ち上がりから前がかりな守備で圧をかけていくナポリ。12分には、右サイドからカットインしたポリターノが左足のカーブシュートでファーを狙ったが、GKベリシャのファインセーブに遭う。続くCKではザンボ・アンギサがヘディングで叩きつけたが、ここもベリシャが好反応を見せた。

ロングボールからいくつかチャンスを作られる中、27分にはシメオネがネットを揺らす。右サイドで得たFKからゴール前で混戦となり、ボールを拾ったシメオネが落ち着いて右隅に決めたが、オフサイドによりノーゴールの判定となった。

その後は時間が経つにつれエンポリにペースを譲り、ラノッキアやカンビアギのシュートがナポリゴールに襲いかかったが、GKメレトのセーブもありゴールレスで試合を折り返した。

後半に入ると序盤からエルマス、ポリターノの両ウイングがシュートまで持ち込むが、先制点は遠い。しびれを切らしたルディ・ガルシア監督はエルマスとシメオネを下げ、クワラツヘリアとジエリンスキを起用。ラスパドーリが最前線に移る。

切り札投入も流れは大きく変わらないまま試合は終盤へ。72分にはポリターノとザンボ・アンギサに代えてリンドストロームとカユステをピッチに送り出す。

すると3分後、左サイドのクワラツヘリアからペナルティーアーク付近でパスを受けたリンドストロームが右足で強烈なシュート。枠を捉えたがややコースが甘く、またしてもベリシャに阻まれた。

少し勢いが出てきたナポリは、79分にクワラツヘリアの左足シュートがニア上に飛ぶが、ベリシャの牙城を崩すことはできない。

アディショナルタイム直前にも、左ポケットからクワラツヘリアの左足シュートが飛ぶが、これも至近距離でベリシャがセーブ。すると91分、押し込まれていたエンポリが右サイドから崩すと、最後は途中出場のコバレンコの右足シュートが左ポストを叩いて決まる。

流れに反してリードを奪われたホームチームは、パワープレーで土壇場の同点ゴールを狙いに行くが、結局0-1のまま試合は終了。リーグ戦4試合ぶりの黒星を喫した。