プレミアリーグ第12節、チェルシーvsマンチェスター・シティが12日にスタンフォード・ブリッジで行われ、4-4のドローに終わった。

10位のチェルシー(勝ち点15)は前節、首位のトッテナムとアウェイで対戦。ポチェッティーノ監督のN17初帰還に注目が集まったなか、2人の退場者を出した相手にジャクソンのハットトリックの活躍などで4-1の逆転勝利を収めた。

首位チームに初黒星を与える会心のリーグ3戦ぶりの白星を浮上のきっかけとしたいチームは、昨季から思うように結果が出ていないブリッジで再び首位チーム撃破を狙った。ポチェッティーノ監督はこのビッグマッチに向けて前節から先発1人を変更。コルウィルに代えてククレジャを左サイドバックで起用した。

対するシティ(勝ち点27)は前節、下位に沈むボーンマス相手にドクが1ゴール4アシストの驚異的な活躍を披露し、6-1の圧勝。リーグ3連勝を達成すると共に今回の対戦相手のアシストによって首位奪還に成功。続くチャンピオンズリーグ(CL)ではヤング・ボーイズを3-0と一蹴。2節を残しての決勝トーナメント進出を決めた。直近2試合を余力を残して終えて万全の状態で敵地へ乗り込んだ一戦ではCLから先発5人を変更。負傷のストーンズに代えてアカンジ、コバチッチ、リコ・ルイスに代わってロドリとベルナルド・シウバが復帰。2列目はマテウス・ヌネスとグリーリッシュに代わってアルバレス、ドクが入った。

互いに前から圧力をかけ合うアグレッシブな入りを見せたなか、ホームのチェルシーはシティに易々とボールの主導権を渡さず、がっぷり四つの戦いを挑む。

いずれも決定機には至らないが、立ち位置の妙や個人技で局面での打開を図り、一気に攻撃をスピードアップ。相手ディフェンスラインに際どい対応を強いる。

序盤数分間で相手の出方を窺った後は戦術面での駆け引きが随所で繰り広げられ、やや睨み合いの展開に。そういった流れのなかでビッグマッチでは付き物のセットプレーが試合を動かす。

21分、シティの波状攻撃の流れでボックス内でクロスに反応したハーランドがDFククレジャに引き倒されると、このプレーに対してPKが与えられる。ここでキッカーのハーランドが冷静に左隅へ蹴り込み、25分の先制点とした。

攻守両面で良い入りを見せながらも、やや軽率なプレーでビハインドを負ったチェルシー。しかし、すぐさま反発力を示すと、28分にはペナルティアーク付近で得たFKの場面でリース・ジェームズが鋭いシュートでゴールに迫る。これはGKエデルソンにファインセーブで阻まれるが、このプレーで得た右CKでギャラガーの右足アウトスウィングのボールに中央からニアヘのランニングでフリーとなったチアゴ・シウバがドンピシャのヘディングで合わせた。

百戦錬磨のベテランDFの今季初ゴールによって振り出しに戻った試合はここからよりオープンな展開に。34分にはボックス右でロドリからパスを受けたフォーデンが左足で巻くシュートでファーポストを狙うが、これはわずかに枠の左に外れる。

すると、この直後の37分にはGKロベルト・サンチェスからのロングフィードのこぼれを回収した流れからエンソ・フェルナンデス、パーマー、ジェームズとスムーズに右サイドへ展開。ボックス右で戻りながらの対応となったDFグヴァルディオルがカットし切れずにこぼれたボールをジェームズがグラウンダーで折り返すと、ファーに詰めたスターリングがワンタッチで古巣のゴールへ流し込んだ。

一瞬の隙を突かれて逆転を許したシティだが、ここからベルナルド・シウバが攻撃のギアを上げてチームを牽引。42分にはギャップでボールを引き出し、ボックス中央へ走り込むハーランドの足元へ完璧なラストパスを供給。だが、ノルウェー代表FWの鋭いグラウンダーシュートはGKサンチェスのビッグセーブに阻まれる。

それでも、6分が加えられた前半アディショナルタイムに攻勢を強めたアウェイチームは左CKのショートコーナーからボックス手前左でボールを受けたベルナルド・シウバがピンポイントクロスを供給。これをゴール前でフリーとなったアカンジが冷静に左隅へヘディングで流し込んだ。

4ゴールが生まれた撃ち合いの展開もさることながら、見応え十分のビッグマッチは後半も高いテンションでの入りに。47分、自陣左サイド深くでベルナルド・シウバが前線に蹴ったボールを収めたハーランドが右サイドのアルバレスに展開。フォーデンに預けてリターンパスでポケットを取ったアルバレスがグラウンダーの高速クロスを入れると、GKサンチェスが触ってコースが変わったものの、ファーに詰めたハーランドが身体ごと押し込んだ。

後半開始早々の勝ち越しゴールで勢いにのるシティは、畳みかける攻めで4点目を狙っていく。だが、アルバレスの強烈なシュートやフォーデンのフィニッシュはGKサンチェスに阻まれる。この間の57分にはドクを下げてグリーリッシュをピッチに送り込む。

一方、古巣初対戦パーマーの圧巻の個人技で60分に後半最初の決定機を作ったチェルシーは、64分に2枚替えを敢行。エンソ・フェルナンデスとジェームズを下げてムドリク、グストを送り込んだ。すると、この交代直後に同点ゴールが生まれる。

67分、自陣から左サイドへの展開で攻撃の形を作り出すと、ボックス手前のギャラガーが右足の強烈なミドルシュート。GKエデルソンが何とか前にはじき出したところにいち早く詰めたジャクソンが冷静に右足で流し込んだ。

これで三度振り出しに戻った試合は追いついた勢いのあるホームチームがペースを握る。強度の高いプレスで幾度かショートカウンターの形を作り出すと、75分にはスターリングの身体を張った守備からボックス右フリーでこぼれに反応したグストに決定機も、利き足とは逆の左足のシュートは強い雨でスリッピーなピッチの影響もあってか大きく枠を外してしまった。

一方、やや繋ぎの局面で苦戦するシティはアルバレスを下げて古巣対戦のコバチッチを投入。この交代もあってボールの循環がよりスムーズになり、押し込む展開に持ち込む。そして、再びゴールの匂いをさせ始めると、ビッグマッチでの存在感光るスペイン代表MFの一撃が炸裂する。

86分、ペナルティアーク付近でハーランドとのパス交換からコバチッチのシュートのこぼれに反応したロドリが左足を強振。これがゴール前でDFチアゴ・シウバが出した足に当たって大きくコースが変わってゴール左隅に突き刺さった。

やや不運な形で土壇場で勝ち越しを許したチェルシーは90分にカイセドを下げてブロヤを投入し、勝負に出る。すると、この交代策が劇的同点ゴールをもたらす。8分が加えられたアディショナルタイムの93分、ボックス内で右からのクロスを収めたブロヤがDFルベン・ディアスのファウルを誘ってPKを獲得。ここでキッカーを務めたのは、シティアカデミー育ちの21歳MF。かつての同僚との駆け引きとなったなか、鋭い左足シュートをゴール左隅に突き刺した。

そして、試合はこのまま4-4のスコアでタイムアップを迎え、前節同様に首位チーム相手に骨のある戦いを見せたチェルシーが勝ち点3奪取はならずも、リーグの覇権争いをさらに盛り上げるドローゲームを演じた。