ガーナ代表FWアンドレ・アイェウ(33)が8年ぶりにリーグ・アンへ帰還することになった。

ル・アーヴルは12日、アイェウの加入を発表。背番号は「28」に決定し、契約期間は今シーズン終了までとなる。

昨年のカタール・ワールドカップでも健在ぶりを示し、ガーナ代表として通算114キャップを誇るアイェウ。昨シーズン限りでノッティンガム・フォレストを退団して以降はフリーの状況が続いていたが、8年ぶりに生まれ故郷であるフランス帰還を決断した。

先日にカタールのアル・サッドを退団したアイェウは、ヨーロッパでのキャリア再開に向けて1日にイングランド入り。現地報道ではエバートンとフォレストの2クラブと交渉を行った模様だが、クラブの現状やスウォンジー時代に指導を受けたスティーブ・クーパー監督の存在もあり、フォレスト行きを決断する形となった。

マルセイユの下部組織出身のアイェウは、これまでイングランドのスウォンジーやウェストハム、トルコのフェネルバフチェ、カタールのアル・サッドといったクラブで活躍。今年2月にはスウォンジー時代に指導を受けたスティーブ・クーパー監督の存在もあり、フォレストに短期契約で加入。しかし、シーズン終了後にクラブを離れていた。

なお、アイェウの加入が決定したル・アーヴルは昨シーズンのリーグ・ドゥを優勝し、2008-09シーズン以来のリーグ・アンの舞台で戦っている。ここまで7位と健闘を見せているなか、百戦錬磨のベテランアタッカーの加入でさらなる躍進も期待されるところだ。