ウルグアイサッカー連盟(AUF)は13日、2026北中米ワールドカップ(W杯)南米予選に臨むウルグアイ代表メンバー24名を発表した。

ここまでW杯南米予選で2勝1分け1敗の2位に位置するマルセロ・ビエルサ監督率いるウルグアイ。

今回の招集メンバーでは、カタールW杯以降は代表から遠ざかっていたベテランのルイス・スアレスがホセ・マリア・ヒメネス、長期離脱明けのロドリゴ・ベンタンクールらと共に復帰。また、フェデリコ・バルベルデやロナルド・アラウホ、ダルウィン・ヌニェスらも順当に招集されている。

一方で、スアレスと共に復帰が期待されたFWエディンソン・カバーニ(ボカ・ジュニアーズ)はケガの影響で招集外となった。

ウルグアイは16日にアウェイでアルゼンチン代表と、21日にホームでボリビア代表と対戦する。今回発表されたウルグアイ代表メンバーは以下の通り。

◆ウルグアイ代表メンバー
GK
フランコ・イスラエル(スポルティングCP/ポルトガル)
セルヒオ・ロチェ(インテルナシオナル/ブラジル)
サンティアゴ・メレ(アトレティコ・ジュニオール/コロンビア)

DF
ブルーノ・メンデス(コリンチャンス/ブラジル)
ギジェルモ・バレラ(フラメンゴ/ブラジル)
マティアス・ビーニャ(サッスオーロ/イタリア)
マティアス・オリベラ(ナポリ/イタリア)
セバスティアン・カセレス(クラブ・アメリカ/メキシコ)
ホセ・マリア・ヒメネス(アトレティコ・マドリー/スペイン)
ロナルド・アラウホ(バルセロナ/スペイン)

MF
ニコラス・デ・ラ・クルス(リーベル・プレート/アルゼンチン)
フェリペ・カルバージョ(グレミオ/ブラジル)
ジョルジアン・デ・アラスカエタ(フラメンゴ/ブラジル)
アグスティン・カノッビオ(アトレチコ・パラナエンセ/ブラジル)
マヌエル・ウガルテ(パリ・サンジェルマン/フランス)
ロドリゴ・ベンタンクール(トッテナム/イングランド)
フェデリコ・バルベルデ(レアル・マドリー/スペイン)

FW
ダルウィン・ヌニェス(リバプール/イングランド)
ファクンド・ペリストリ(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド)
ファクンド・トーレス(オーランド・シティ/アメリカ)
マクシミリアーノ・アラウホ(トルーカ/メキシコ)
フェデリコ・ビニャス(レオン/メキシコ)
クリスティアン・オリベラ(ロサンゼルスFC/アメリカ)
ルイス・スアレス(グレミオ/ブラジル)