ナポリは14日、ルディ・ガルシア監督(59)の解任及びワルテル・マッツァーリ氏(62)の新監督招へいを発表した。契約期間は2024年6月30日までとなる。

なお、契約延長オプションは付随しておらず、今季の成績に応じてシーズン終了後に契約更新の可能性を検討する権利を保持しているという。

ルチアーノ・スパレッティ監督(現:イタリア代表)が率いてスクデットに輝いた昨シーズンが別格だったナポリ。契約を巡ってデ・ラウレンティス会長に不信感を募らせた同監督が退任し、今季からルディ・ガルシア監督を招へいした。

しかし、今季は開幕から調子が上がらず、セリエA第12節を終え、かろうじてチャンピオンズリーグ(CL)圏内の4位につけるが、首位インテルとは勝ち点「10」差。12日には降格圏のエンポリにホームでまさかの敗戦を喫しており、解任は時間の問題とされていた。

後任監督に選ばれたマッツァーリ氏は、これまでレッジーナ、サンプドリア、インテル、ワトフォードなどの指揮官を歴任。[3-4-3]や[3-5-2]をメインシステムに多くのクラブで確かな実績を残してきたイタリア屈指の経験豊富な指導者で直近は2021年9月から2022年5月までカリアリの指揮官を務めていた。

また、同氏は2009年10月から2013年5月までナポリの監督を歴任した経験をもっており、復帰が決まれば約10年ぶりの帰還となる。