日本代表MF田中碧(デュッセルドルフ)が、ミャンマー代表戦に向けて意気込みを語った。

15日、日本代表は2026年北中米ワールドカップ(W杯)アジア2次予選の初戦・ミャンマー代表戦を翌日に控え、試合会場のパナソニック スタジアム 吹田でトレーニングを行った。

今回の代表には、ケガで招集できなかった選手に加え、招集された選手でも5名がケガにより不参加に。15日もMF三笘薫(ブライトン&ホーヴ・アルビオン)の離脱が発表されていた。

ヨーロッパで戦う選手たちの多くは、自国のリーグに加えてヨーロッパの大会にも参加しており、週2試合をこなしている選手が多く、疲労の蓄積やケガ、コンディション不良などにも影響が出ていると言える。

カタールW杯の最終予選の途中でチームを救う活躍を見せて日本代表に定着した田中。自身にとってW杯2次予選は初となる。

「いよいよだなと。2次予選は経験したことがないですが、しっかりとどんな相手でも勝つことは大変だと思うので、しっかりと自分たちがやれることにフォーカスしたいと思います」

10月に行われたカナダ代表戦では2ゴールの活躍を見せた田中。数字という結果を今回も求めるかという点については「勝つことが一番大事なので、そこで点やアシストができれば良いですけど、スコアに差がついた時にみんなが点を取りたくなった時に、カウンターのリスクも生まれると思うので、失点をしないことも大事。両方を求められればと思います」とコメント。数字にこだわりすぎずに戦いたいとした。

ミャンマーはブロックを引いてくる可能性も高い。その中ではミドルシュートも有効になるが、「入る時は入るかなと思うので、継続することが大事です」と田中はコメント。「得点以外もそうですし、得点もそうですが、より自分の中で考えてやる量が増えたかなと思うので、色々工夫しながらやった結果が点を取れているかなとも。そこだけが僕の仕事じゃないので、全部が成長していければと思います」と全てにおいて質を上げたいとした。

ゴールについては「引いてくる相手ではミドルも有効ですし、エリア内にどれだけボールを入れられるかがすごく大事だと思うので、やっていきたい」と語り、いかに押し込んでいき、状況に合わせて攻撃できるかが大事だとした。

10月には「得点をもっと取りたい」という発言をしていた田中だが、「点を取ったからOKでもないし、点を取らなくて全部が良くてもOKではないと感じているので、だからこそ自分が求めているものを全て出せるようになるまでは満足できない人生だと思います」とコメント。「取れる分には取らないといけないだろうし、取り方とかも工夫しながら、動いている部分もありますし、そこだけでもないです。全体的にレベルアップというか、成長する必要があるなと思います」と、決してゴールだけを求めていきたいわけではないという。

その中で自身が考えることとは「得点に関しては相手ありきじゃないというか、例えばドリブルをするときは駆け引きがありますが、シュートを打つとか、ワンタッチゴールとかは自分が努力できるというか、操作できる部分が多いと思っているので、色々な選手のゴールを見たり、どういう風に走ったり、どこにいるとか、人それぞれあると思うので、回数や質というのはより考えられるようになりました」と、研究を重ねて、得点を取りやすい状況を考えるようにはなっているという。

自身初の2次予選。格下が相手ではあるが、相手や環境にとらわれず、自分たちにフォーカスすべきだとした。

「予選に限らず、常に自分自身にフォーカスすることが大事です。相手が強いとか弱いとか、状況がどうとかは自分たちでは変えられないこと。移動もそうだし、環境もそう」

「その中で自分たちがいかに100%を出せるかどうか、準備ができるかどうか。100%出して無理ならば、やっぱり無理だし。常に自分たちにフォーカスして、やれることを100%出すことがどんな状況でもすごく大事。そうすれば結果がついてくると思うので、やり続けることが大事だと思います」