ミランにアルジェリア代表MFイスマエル・ベナセルが帰ってきた。

2021-22シーズンの11年ぶりスクデットに貢献したベナセル。イタリア王者の一員として迎えた昨季も公式戦40試合に出場するなど、主力として活躍したが、5月10日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準決勝1stレグのインテル戦で負傷交代し、以来ピッチから遠ざかっている。

中盤でコンビを組んだサンドロ・トナーリがミラノを去ったなか、半年以上にわたってケガの治癒に努めてきたが、ミランは16日、クラブ公式Xでベナセルがチーム練習に励んでいる写真を投稿。復活をアピールした。

イタリア『カルチョメルカート』によると、ベナセルの公式戦復帰予定は12月中旬とのこと。ミランは苦しい戦いが続き、ステファノ・ピオリ監督の立場も揺らいでいるが、ベナセルは焦らずしっかり万全の状態を取り戻してほしいところだ。