日本代表FW上田綺世と妻の由布菜月さんとのやりとりが話題を呼んでいる。

16日、2026年の北中米ワールドカップ(W杯)アジア2次予選で日本はミャンマー代表と対戦。5-0で日本が快勝スタートを切った。

格下相手の快勝スタートを切った日本の立役者の1人が、トップで起用された上田。2年半前のカタールW杯アジア2次予選でオナイウ阿道(オセール)以来のハットトリックを記録した。

昨シーズンはセルクル・ブルージュでプレーし、ジュピラー・プロ・リーグの得点王争いを繰り広げる得点力を見せつけると、今シーズンからオランダの名門・フェイエノールトへと完全移籍する。

新天地ではまだまだフィットに時間をかけているところだが、日本代表のエースとしての期待は高い状況。そしてついに日本代表でも結果を残した。

11分に南野拓実(モナコ)の浮き球のパスにヘディングで絶妙に合わせたシュートで先制ゴールを奪うと、2-0で迎えた前半アディショナルタイムには堂安律(フライブルク)のトリッキーなパスに反応して追加点。さらに後半早々の50分には、南野のスペースへのパスに反応してゴールを奪い、ハットトリックを達成した。

試合後、スタンドで観戦していた由布さんを見つけると近づいていった上田。何か言葉を交わすと、由布さんもサムズアップで反応し活躍した夫を称える形に。その際には2人の手がしっかりと繋がれており、仲の良さも感じさせた。

ファンは「ゆふちゃんかわいい」、「幸せそうな顔だ」、「この夫婦最高」、「美人すぎる」、「可愛すぎる夫婦」、「手繋いでるの可愛すぎ」、「綺麗すぎる」、「こういうの憧れる」と2人の仲の良さも垣間見えたシーンが話題となった。