アフリカサッカー連盟(CAF)は17日、CAFアワード2023で表彰されるアフリカ年間最優秀選手賞の最終候補10名を発表した。

今月1日に発表された30名の候補から10名に絞られた最終候補では直近連続受賞中のサディオ・マネや2018年以来3度目の受賞を目指すモハメド・サラーといった常連に加え、昨シーズンまで在籍したマンチェスター・シティのシーズントレブルに貢献したリヤド・マフレズ、昨季セリエA得点王に輝きナポリのスクデット獲得に大きく貢献したビクター・オシムヘンなどがノミネート。

また、カタール・ワールドカップ(W杯)で躍進を見せたモロッコ代表からは、ユセフ・エン=ネシリ、ソフィアン・アムラバト、アクラフ・ハキミ、GKボノと最多4名が残っている。

なお、受賞者の発表は12月11日に予定されている。

◆アフリカ年間最優秀選手賞 最終候補10名

FW リヤド・マフレズ(アルジェリア/マンチェスター・シティ&アル・アハリ)
MF アンドレ=フランク・ザンボ・アンギサ(カメルーン/ナポリ)
FW ヴァンサン・アブバカル(カメルーン/ベシクタシュ)
FW モハメド・サラー(エジプト/リバプール)
DF アクラフ・ハキミ(モロッコ/パリ・サンジェルマン)
MF ソフィアン・アムラバト(モロッコ/フィオレンティーナ&マンチェスター・ユナイテッド)
GK ボノ(モロッコ/セビージャ&アル・ヒラル)
FW ユセフ・エン=ネシリ(モロッコ/セビージャ)
FW ビクター・オシムヘン(ナイジェリア/ナポリ)
FW サディオ・マネ(セネガル/バイエルン&アル・ナスル)