18日、明治安田生命J3リーグ第36節の3試合が各地で行われた。

逆転昇格に向け残り3試合全勝が望まれる4位・松本山雅FC(勝ち点53)は、12位・Y.S.C.C.横浜(勝ち点48)をホームに迎えた。先制したのはアウェイのYS横浜。37分、右CKからのクロスに佐藤大樹が頭で合わせた。

67分にもYS横浜がセットプレーから加点。右サイドでFKを得るとクロスがファーの大嶋春樹まで届き、右足で合わせた。そのまま2-0で勝利したYS横浜が暫定9位へ浮上した一方、松本にとっては昇格が大きく遠ざかる敗戦となった。

こちらもまだ昇格の可能性が0ではない6位・奈良クラブ(勝ち点51)は、J3残留を確実にしたい18位・SC相模原(勝ち点39)と対戦。試合が動いたのは14分、右サイドのFKから水口湧斗が太もものあたりでクロスを押し込み、相模原がリードを得た。

1点ビハインドで後半を迎えた奈良は、68分に同点。酒井達磨の一度目のシュートは相手DFにブロックされたが、足下に来た跳ね返りを左足ダイレクトで蹴り込んだ。

さらに後半アディショナルタイム、左ポケットでパスを受けた西田恵が右足で落ち着いてファーに流し込み、奈良が土壇場で逆転。今節敗れた松本をかわし暫定4位に浮上、昇格に望みを繋いだ。

J2クラブライセンス不交付でありながら5位につけているFC大阪(勝ち点52)は、相模原を追いかける19位・テゲバジャーロ宮崎(勝ち点37)との一戦。この試合もセットプレーから均衡が崩れる。25分、FC大阪の古川大悟が右CKに頭で合わせた。

このままFC大阪が勝利するかに思われた後半アディショナルタイム、アウェイの宮崎が意地を見せる。ボックス内にロングボールが入ると、ルーズボールに素早く反応した山崎亮平が詰めて同点。試合はそのまま1-1のドローに終わり、宮崎は相模原との勝ち点差を「1」に縮めた。

なおFC大阪の結果はJ2を21位で終えている大宮アルディージャの残留か降格に影響を与えることとなり、明日2位の鹿児島ユナイテッドFCが勝利すれば、大宮のJ3降格が決定する。

◆明治安田生命J3リーグ第36節
11月18日(土)
奈良クラブ 2-1 SC相模原
松本山雅FC 0-2 Y.S.C.C.横浜
FC大阪 1-1 テゲバジャーロ宮崎

11月19日(日)
《13:00》
FC今治 vs 鹿児島ユナイテッドFC
ガイナーレ鳥取 vs FC琉球
福島ユナイテッドFC vs 愛媛FC

《14:00》
ヴァンラーレ八戸 vs カターレ富山
いわてグルージャ盛岡 vs FC岐阜
AC長野パルセイロ vs ギラヴァンツ北九州
アスルクラロ沼津 vs カマタマーレ讃岐

◆明治安田生命J3リーグ順位表
1位:愛媛FC|勝ち点70/+14
2位:鹿児島ユナイテッドFC|勝ち点58/+16
ーーーーーJ2昇格
3位:カターレ富山|勝ち点56/+5
4位:奈良クラブ|勝ち点54/+13
5位:FC大阪|勝ち点53/+6
6位:松本山雅FC|勝ち点53/+5
7位:FC岐阜|勝ち点51/+10
8位:アスルクラロ沼津|勝ち点51/+4
9位:Y.S.C.C.横浜|勝ち点51/-1
10位:FC今治|勝ち点50/+8
11位:ガイナーレ鳥取|勝ち点49/+3
12位:ヴァンラーレ八戸|勝ち点49/0
13位:いわてグルージャ盛岡|勝ち点47/-3
14位:AC長野パルセイロ|勝ち点47/-8
15位:FC琉球|勝ち点42/-16
16位:福島ユナイテッドFC|勝ち点40/-9
17位:カマタマーレ讃岐|勝ち点40/-16
18位:SC相模原|勝ち点39/-4
19位:テゲバジャーロ宮崎|勝ち点38/-15
ーーーーーJFL降格圏
20位:ギラヴァンツ北九州|勝ち点27/-12