ギラヴァンツ北九州は22日、小林伸二監督(63)の退任を発表した。

小林監督は、大分トリニータ、セレッソ大阪、モンテディオ山形、徳島ヴォルティス、清水エスパルスなどで監督を務め、2019年に北九州の監督に就任した。

当時J3にいたチームを優勝させてJ2に昇格すると、2020年はJ2で5位の成績に。しかし、2021年には21位に終わりJ3に降格。監督を退任していた。

その後、スポーツダイレクター(SD)を務めていた中、9月に辞任した田坂和昭監督の後任として監督に就任。しかし、チームは上昇せず、最下位が確定しJFLへの降格が迫っている。

スポーツダイレクター職も契約解除となる小林監督は、クラブを通じてコメントしている。

「5シーズンにわたりギラヴァンツ北九州に携わらせていただきました。ファン・サポーターの皆様をはじめ、クラブに関わりご支援いただいている皆様に心より感謝申し上げます。5年間の中で、多くの人に恵まれて多くの経験をさせていただきました」

「また、アカデミーでも、トップチーム昇格の選手2名輩出、全国大会出場など多くの結果を出し続けてくれています。アカデミーの成⻑を肌で感じることができたことも素晴らしい経験となりました」

「今年はJ2復帰を目標に掲げてSDそして監督としてチャレンジをしましたが、達成することが出来ず、私の力不足と痛感しており大変申し訳なく思います。しかしながら結果の良し悪しに関わらず素晴らしい経験をさせていただいたと感じております」

「今後のクラブの更なる発展を期待しております。皆様には引き続き温かいご支援と応援をお願いしたいと思います。残りの試合も全力で戦い続けます。5年間、ありがとうございました」

なお、長島裕明ヘッドコーチ、出口拓馬コーチ、大神友明GKコーチ、井田征次郎氏フィジカルコーチも契約満了となる。