セルティックの日本代表FW前田大然(26)が恩師の所へと行く可能性があるようだ。

今シーズンからアンジェ・ポステコグルー監督が指揮を執るトッテナム。プレミアリーグでは好スタートを切ったものの、負傷者の続出などもあり現在は停滞中。首位を走っていた中、4位に位置している。

そのトッテナムは1月の移籍市場で壊滅状態にあるセンターバックの補強に動く予定だが、イギリス『TBR Football』によると攻撃陣も補強に動くという。

その中で注目されているのが、今夏も補強候補に上がったセルティックの選手たち。誰1人としてポステコグルー監督と共にトッテナムへと移籍はしなかったが、1月には再び注目されるという。

ポッドキャスト『Talking Transfers』に出演した移籍市場に精通しているグレアム・ベイリー氏は、夏にも噂が上がった日本代表FW古橋亨梧、MF旗手怜央の名前を出しながら、前田が最も可能性があるとした。

トッテナムは予てから獲得が噂される元セルティックで現在はサウジ・プロ・リーグのアル・イテハドに所属するFWジョタをターゲットにしている状況。ベイリー氏はその点に触れた。

「ジョタは興味深い選手だ。彼に注目した方が良い」

「彼らはセルティックの選手である旗手、古橋、前田も好んでいるが、スコットランドを襲いに行くよりも、サウジアラビアに行ってジョタを捕まえるほうが簡単かもしれない」

「数人の選手をセルティックから獲得することは、ヨーロッパの選手を獲得するよりも安くなるだろう。だから、彼がセルティックに目を向けることは排除しない」

その中で「前田のスパーズ移籍は非常に理にかなっている」とされている。

トッテナムではブラジル代表FWリシャルリソンも手術を受けて離脱中。前線で様々な役割をこなせる前田が良いターゲットだとされており、ポステコグルー監督のサッカーとスタイルには合致しているとのことだ。

今季の前田はスコティッシュ・プレミアシップで12試合2ゴール2アシスト。チャンピオンズリーグ(CL)で4試合に出場し1アシストを記録。数字は物足りないが、ハードワークでチームを支えており、トッテナムに移籍すればよりゴールに迫るプレーが増える可能性もありそうだ。