アーセナルのベルギー代表FWレアンドロ・トロサールの妙技が反響を呼んでいる。

1月にブライトン&ホーヴ・アルビオンからアーセナルへと加入したトロサール。昨季は後半戦だけで2ゴール10アシストと結果を残すと、今季も準主力という扱いながらここまで公式戦14試合の出場で6ゴール2アシストをマークするなど、限られた出場機会で結果を残している。

ベルギー代表でも地位を築きつつあるトロサールは、19日に行われたユーロ2024予選グループF最終節のアゼルバイジャン代表戦に先発出場。90分にはダメ押しのゴールも決めていた中、36分のテクニカルなプレーが話題だ。

相手陣内左サイドで味方のドリブルのこぼれ球を拾ったトロサールは、相手がスライディングしてくることを予期していたかのようにボールを浮かせてかわす。

さらに浮かせたボールを空中でタッチして収めると、その次のタッチで奪いに来た追手のディフェンダーの股を抜いていた。

空中でもボールを自在に操るプレーは大きな話題となっていた中で、23日にはベルギー代表の公式X(旧ツイッター)も改めてそのプレーを正面から捉えた映像を公開している。

ファンは「まじですごい」、「クレイジーすぎる」、「900回見てもいい」、「大空翼が現実に」、「漫画やん」、「信じられない」とコメント。何度見ても色褪せない好プレーが脚光を浴びている。