モナコの日本代表MF南野拓実がパリ・サンジェルマン(PSG)相手に豪快ゴールを決めた。

24日、リーグ・アン第13節でPSGとモナコが対戦した。

日本代表活動を終え、この試合に先発出場した南野。PSGがゴンサロ・ラモスのゴールで先制して迎えた22分に抜け目ないゴールを奪った。

PSGはGKからビルドアップを試みており、ジャンルイジ・ドンナルンマがキープ。ここにフォラリン・バログンが猛然とプレスに行くと、ドンナルンマが完全にキックミスをする。

すると、ボックス内にいた南野のところにボールが。胸トラップでコントロールした南野はそのまま左足一閃。慌ててマヌエル・ウガルテもブロックに入るが間に合わず、ドンナルンマの手を弾いてネットを揺らした。

ラッキーな展開とはいえ、しっかりと決め切った南野。これで今季のリーグ・アンで4ゴール目に。チームはその後に失点を重ねて5-2で大敗を喫したが、一時同点に追いつく貴重なゴールを決めた。

ファンは「PSGにゴールは凄い」、「さすがモナ王」、「ボックス内での落ち着き凄い」、「めっちゃ嬉しい」とコメントを寄せた。

なお、南野は4-1で迎えた75分にはバログンのゴールもアシストしており、1ゴール1アシストの活躍を見せていた。



久保所属のソシエダvsザルツブルク、AEKアテネvs三笘所属のブライトンなど
CL・ELはWOWOWで放送&配信!
>無料トライアル・放送予定など詳しくはこちら