ミランのステファノ・ピオリ監督がファーストチームデビューを飾ったU-17イタリア代表FWフランチェスコ・カマルダについて語った。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えた。

リーグ戦は直近4試合勝利なしという状況の中、25日にセリエA第13節のフィオレンティーナ戦に臨んだミラン。FWオリヴィエ・ジルーが出場停止、FWラファエル・レオンをケガで欠く状況だったが、前半アディショナルタイムにDFテオ・エルナンデスが自ら獲得したPKを沈め、この1点を最後まで守りきった。

この試合では、ジルーだけでなく代表戦で負傷したFWノア・オカフォーも欠場し、ストライカーが不足したため、ユースでプレーする15歳のカマルダがベンチ入り。83分には先発したFWルカ・ヨビッチに代わってピッチに立ち、15歳と260日でのセリエA史上最年少デビューを果たした。

試合後、リーグ戦5試合ぶりの勝利について語ったピオリ監督は、カマルダのデビューについてもコメント。若き逸材の台頭を喜んでいる。

「彼は良い男だし、才能があり、よく働いている。我々にはフレッシュさも必要だ」

「この年齢でのデビューは大変なものだが、彼はきっと幸せだろう」



久保所属のソシエダvsザルツブルク、AEKアテネvs三笘所属のブライトンなど
CL・ELはWOWOWで放送&配信!
>無料トライアル・放送予定など詳しくはこちら