元なでしこジャパンの岩渕真奈さんが古巣の試合会場に姿を見せた。

日テレ・ベレーザ(現:日テレ・東京ヴェルディベレーザ)やINAC神戸レオネッサの他、バイエルンやホッフェンハイム、アストン・ビラ、アーセナル、トッテナムでもプレーした岩渕さん。今年9月の引退後は、解説者などとしても活躍している。

23日には古巣・東京NBのホームゲーム、2023-24 WEリーグ第3節の三菱重工浦和レッズレディース戦に来場。トークショーやサイン会を実施した。

14歳でのトップチームデビューやベレーザでの思い出などを語った岩渕さん。ウオーミングアップ中の浦和のDF佐々木繭とも掛け合いをするなど(2人は東京NBの育成組織メニーナでともにプレー)、和やかな時間を過ごした。

また、味の素フィールド西が丘には解説者として海堀あゆみさんや澤穂希さんも来場。加えて、この日試合のなかった大宮アルディージャVENTUSの鮫島彩や有吉佐織、上辻佑実も観戦に訪れ、岩渕さんとともにワールドカップ(W杯)を戦ったメンバーや東京NB出身者が多数集まることとなった。

岩渕さんはインスタグラムで豪華メンバーとの一枚を公開したほか、村松智子と宮川麻都とのスリーショットやウィーナとリヴェルンとのスリーショット、くじ引きで手に入れた岩﨑心南との一枚などを共有し、メッセージを綴った。

「WEリーグにおじゃましてきました」

「現役時代お世話になったベレーザで!そして大好きなスタジアムの西が丘で!一緒にやってた仲間達や久しぶりに会うファンの皆さんに会えて楽しい時間でした」

「『お疲れ様』と沢山の拍手をいただいて…温かく迎えてくれた両サポーターのみなさん、ありがとうございました」