シュツットガルトは2日、ブンデスリーガ第13節でブレーメンと対戦し2-0で勝利した。シュツットガルトのDF伊藤洋輝はケガのため欠場、MF原口元気はベンチ入りも出場機会はなかった。

リーグ戦2連勝で3位と好調を維持するシュツットガルトが、3試合勝利のない12位ブレーメンをホームに迎えた一戦。シュツットガルトの伊藤はケガのため招集外、原口はベンチスタートとなった。

立ち上がりから主導権を握るシュツットガルトは17分、中盤でボールを奪ったアントンがボックス右手前からミドルシュート。これは相手GKが弾くも、こぼれ球をウンダブがゴールに押し込んだ。

幸先良く先制したシュツットガルトは、21分にもバタイルエリアのミロがゴール前に送ったループパスからギラシーがゴールネットを揺らしたが、これはオフサイドの判定でゴールは取り消された。

さらに40分には、サイラスのスルーパスでボックス右に抜け出したギラシーに決定機が訪れたが、ダイレクトシュートがゴール左に外れた。

迎えた後半も攻勢を続けるシュツットガルトは、72分にミロのパスを受けたギラシーがボックス内でシュタルクに倒されてPKを獲得。これをギラシーが冷静にゴール中央に沈めた。

終盤にかけてブレーメンの反撃を受けたシュツットガルトだが、集中した守りでシャットアウト。2-0で勝利しリーグ3連勝を飾った。