プレミアリーグ第14節、マンチェスター・シティvsトッテナムが、日本時間3日25:30にエティハド・スタジアムでキックオフされる。2戦連続ドロー中のシティズンズと、3連敗中のスパーズによる上位争い踏みとどまりを狙う上位対決だ。

チェルシー、リバプールとの連戦をいずれもドローで終えて2戦未勝利のシティ(勝ち点29)は、アーセナルに抜かれて2位に転落。リバプール戦ではFWハーランドの先制点を含めて試合を通して主導権を握ったものの、後半終盤に一瞬の隙を突かれて同点ゴールを決められて逃げ切り失敗。要塞エティハド・スタジアムでの公式戦連勝記録が「23」でストップした。

それでも、直近のチャンピオンズリーグ(CL)ではRBライプツィヒにホームで2点ビハインドを背負うも、後半にハーランド、フォーデン、アルバレスと続けて3点を叩き込んで劇的3-2の逆転勝利。グループステージ5連勝で首位通過を確定させ、直近2試合の微妙な流れを払拭した。そして、今節は手負いのスパーズ相手にリーグ3戦ぶりの白星を狙う。

対する5位のトッテナム(勝ち点26)は前節、ホームでアストン・ビラと対戦。今季初出場となったロ・チェルソの初ゴールによって先制点を奪い、以降も相手のハイラインを攻略して再三の決定機を創出。だが、2点目を奪い切れずにいると、サイドバック4人を並べた急造守備陣が続けてゴールネットを揺らされて1-2の敗戦。3試合連続逆転負けでの3連敗となった。

さらに、長期離脱から戻ってきたばかりのベンタンクールの再離脱が決定し、より厳しい台所事情を強いられるなか、難所エティハドで超強力な攻撃陣を擁する3連覇中の王者に挑む形となった。

なお、グアルディオラ監督とポステコグルー監督は公式戦では今回が初対戦となる。だが、2019年7月に日本で行われたプレシーズンマッチでは同じ『シティ・フットボール・グループ』に属する縁で、当時横浜F・マリノスを指揮していたオーストラリア人指揮官は敬愛するスペイン人指揮官のチームに真っ向勝負を挑み1-3で敗戦している。今回はスパーズの指揮官としての戦いとなるが、どのような結果が待っているか…。

◆マンチェスター・シティ◆
【4-2-3-1】
予想スタメン
(C)CWS Brains,LTD.
GK:エデルソン
DF:ウォーカー、アカンジ、アケ、グヴァルディオル
MF:ロドリ、ベルナルド・シウバ
MF:フォーデン、アルバレス、ドク
FW:ハーランド

負傷者:MFデ・ブライネ、マテウス・ヌネス
出場停止者:なし

出場停止者はいない。負傷者に関してはストーンズとコバチッチら軽傷者がトレーニングに復帰し、デ・ブライネとマテウス・ヌネスが唯一の欠場者となる。

スタメンに関して前線と中盤の人選に目立った変更はなさそうだが、直近のライプツィヒ戦でミスも出たルベン・ディアスとアカンジのセンターバックコンビのところにテコ入れの可能性がある。疲労感漂うルベン・ディアスを外してアケの起用とみるが、負傷明けのストーンズを含めていくつかのオプションが想定される。

◆トッテナム◆
【4-2-3-1】
予想スタメン
(C)CWS Brains,LTD.
GK:ヴィカーリオ
DF:ペドロ・ポロ、エメルソン、ベン・デイビス、ウドジェ
MF:ホイビュア、ビスマ
MF:クルゼフスキ、ロ・チェルソ、ブレナン・ジョンソン
FW:ソン・フンミン

負傷者:GKホワイトマン、DFフィリップス、ファン・デ・フェン、MFセセニョン、マディソン、サール、ペリシッチ、ベンタンクール、FWリシャルリソン、ソロモン
出場停止者:DFロメロ(3/3)

チェルシー戦で一発退場のロメロが3試合停止の3試合目で欠場となる。負傷者に関しては直近のアストン・ビラ戦で足首を痛めたベンタンクールが新たに負傷者リスト入り。そ径部手術から回復を図るリシャルリソンの復帰にわずかな希望はあるものの、10選手が負傷で不在となる厳しい状況は変わらず。

スタメンに関してはサスペンション明けのビスマが中盤に復帰し、ホイビュアと2ボランチを組む可能性が高い。2列目はブライアン・ヒルの継続起用も考えられるが、ロ・チェルソをトップ下に置いてクルゼフスキとブレナン・ジョンソンを両翼に配置するとみる。

★注目選手
◆マンチェスター・シティ:MFフィル・フォーデン
Getty Images
直近のライプツィヒ戦でチームを逆転勝利に導いた生え抜きMFに注目したい。今回の試合でもハイラインの強気な姿勢で臨む可能性が高いアウェイチームに対して、急造のセンターバックとマッチアップするハーランド、2列目から狡猾な動きでラインブレイクを狙うアルバレスの2人が攻撃で違いを生む存在になることは間違いない。ただ、相手サイドもさすがにその対応を強く意識しており、仮に攻めあぐねた際にはベルナルド・シウバやフォーデンの戦術眼が重要となるはずだ。

今季は右ウイングが主戦場となるなか、ここまでは公式戦20試合6ゴール5アシストと上々の数字を残す。ただ、マンチェスター・ダービーを除いてプレミアリーグの上位対決ではいまひとつ存在感を発揮し切れていない。それでも、直近のライプツィヒ戦では1ゴール1アシストを含む全ゴールを演出する圧巻のパフォーマンスを披露しており、良い状態で臨めるはずだ。

対面のウドジェは攻撃時に変幻自在のポジショニングで攻撃の起点となる一方、守備の際にはシステム上戻り切れない場面も散見されており、そのカバー役がベン・デイビスとなるだけにボールのオン・オフに関わらず、右サイドで積極的な仕掛けで局面を打開したい。

◆トッテナム:FWソン・フンミン
Getty Images
苦境のチームを救うエースの仕事を果たせるか。今季ここまで13試合8ゴールとケインが去ったスパーズの得点源として奮闘続く韓国代表FW。しかし、直近の3連敗中ではゴールを挙げることができず。マディソンらの不在でチーム自体のチャンスクリエイトの質が低下している部分は否めないが、クルゼフスキと共に唯一の主力アタッカーとして苦境のチームを救う決定的な仕事が求められる。

個人としては対シティの公式戦17試合で7ゴール3アシストと上々の数字を残しており、ここ数試合では守備面でやや緩さも見受けられるグアルディオラのチーム相手に現状のチームでもチャンスは作れるはずだ。

大幅にメンバーが入れ替わった影響で、ここ数試合ではパスの出し手との連携が微妙に合わずにオフサイドにかかるシーンが目立っているが、逆を言えばそこのすり合わせさえうまくいけば複数得点も可能なだけに動き出しの部分により工夫を加えながらシティのハイラインを攻略し、自身4試合ぶりのゴールを奪いたい。