【明治安田生命J1リーグ第34節】
2023年12月3日(日)
14:00キックオフ
北海道コンサドーレ札幌(11位/40pt) vs 浦和レッズ(4位/54pt)
[札幌ドーム]

◆天才のラストダンス【北海道コンサドーレ札幌】

苦しみ抜いた今シーズン、特に後半戦の失速はチームにとって再考させられるものとなったが、終盤に来て勝ち点を重ねている。

現在3戦無敗。前節はアウェイでのFC東京戦でしっかりと3ゴールを奪って勝利を収めた。

今シーズン最後の試合となるが、注目は現役ラストマッチとなる小野伸二しかいないだろう。44歳のバースデーに現役引退を発表。今季のリーグ戦はケガの影響もあり1度もピッチに立っていないが、最終戦にはどうやら出られるようだ。

相手は古巣の浦和。小野にとって縁の深いクラブが現役最後の試合になるという巡り合わせもなかなかない。相手は3位を目指す立場にいるが、小野との別れは浦和のファン・サポーターも惜しむところだろう。

先発する可能性もあるとされ、最後のピッチで“天才”が何を見せてくれるのか。その目に焼き付けたい。

★予想スタメン[3-4-2-1]
GK: 菅野 孝憲
DF:田中駿汰、宮澤 裕樹、中村桐耶
MF:浅野 雄也、荒野 拓馬、小野伸二、菅大輝
MF:スパチョーク、青木 亮太
FW:小柏剛
監督:ミハイロ・ペトロヴィッチ

◆ACL2にむけ3位確保目指す【浦和レッズ】

ミッドウィークにはホームでAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の武漢三鎮戦を戦い、今季限りで現役を引退するホセ・カンテの理不尽ゴールで勝利を収めた。

まだまだゴールを決められそうな空気を見せながらも、家族とのことを考えて引退を決断したホセ・カンテ。Jリーグはこの試合が最後になるが、クラブ・ワールドカップやACLなど最後までゴールにファンは胸を躍らせそうだ。

その浦和は現在4位。3位に入れば、2024-25シーズンに新設されるACL2に出場できる可能性を残す。もちろん、現在戦っているACLで連覇をすればACLに出られるが簡単な道のりではない。

3位を目指す戦いだが、またしてもケガ人が。左サイドバックの大畑歩夢がACLで負傷交代。さらに、髙橋利樹が相手のラフプレーで脳震とうとなり、起用は不可能。加えて荻原拓也は出場停止となる。

マチェイ・スコルジャ監督も今季限りでの退任が決定しており、Jリーグラストマッチに。苦しい状況ではあるが、勝って3位を確保したい。

★予想スタメン[4-2-3-1]
GK:西川周作
DF:関根貴大、アレクサンダー・ショルツ、マリウス・ホイブラーテン、明本考浩
MF:安居海渡、岩尾憲
MF:大久保智明、中島翔哉、小泉佳穂
FW:ホセ・カンテ
監督:マチェイ・スコルジャ
出場停止:荻原拓也