ブンデスリーガ第13節のアウグスブルクvsフランクフルトが3日に行われ、2-1でアウグスブルクが勝利した。アウグスブルクのMF奥川雅也はケガのため欠場、フランクフルトの長谷部誠はベンチ入りも出場機会はなかった。

リーグ戦3試合連続ドロー中の11位アウグスブルク(勝ち点14)が、公式戦3試合勝利のない7位フランクフルト(勝ち点18)をホームに迎えた一戦。アウグスブルクの奥川はケガのため欠場、フランクフルトの長谷部はベンチスタートとなっている。

フランクフルトは8分に決定機。左クロスのこぼれ球をボックス右手前に走り込んだトゥタが狙うと、ボックス内のDFにディフクレトしたボールをアーロンソンがシュート。さらに相手GKの弾いたボールをエビンベが詰めたが、これも好反応を見せたGKダーメンのセーブに防がれた。

対するアウグスブルクは28分、中盤左サイドで獲得したFKからクロスを入れると、ボックス右に流れたボールをハウウェレーウがダイレクトで折り返す。最後はゴール前の混戦からウドゥオカイがゴールネットを揺らしたが、VERの末にハウウェレーウのオフサイドと判定され、ゴールは取り消された。

ピンチを凌いだフランクフルトだったが、34分にミスから失点する。自陣ボックス付近でハイプレスを受けると、ラーションが足を滑らせてボールをロスト。こぼれ球を拾ったデミロビッチのラストパスから最後はボックス中央右に走り込んだイェンセンにシュートを叩き込まれた。

迎えた後半、先にスコアを動かしたのはアウグスブルク。58分、イェンセンの右クロスをボックス中央のデミロビッチがフリックすると、ファーサイドに流れたボールをイアゴがハーフボレーでゴール右に突き刺した。

さらにアウグスブルクは72分、右クロスのこぼれ球をボックス右で拾ったバルガスが、後方から足を伸ばしたパチョに倒される。一度はプレーを流されたが、オンフィールドレビューの結果、パチョのファウルが認められ、アウグスブルクがPKを獲得。しかし、デミロビッチのPKはGKトラップの完璧なセーブに防がれた。

2点を追う展開となったフランクフルトは、78分にチャイビのパスでボックス左深くまで駆け上がったマックスの折り返しからGKダーメンのオウンゴールを誘ったが、反撃はここまで。2-1で勝利したアウグスブルクが4試合ぶりの勝利を飾った。