セリエA第14節、ナポリvsインテルが3日に行われ、0-3でインテルが快勝した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。
※採点は10点満点。及第点は「5.5」、「0.5」刻みで評価。

ナポリ採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 メレト 5.5
マドリー戦のミスでゴッリーニの起用も考えられたが先発。ラウタロの決定的なシュートを1本止めたが3失点

DF
22 ディ・ロレンツォ 5.5
前半は高い位置を取って攻撃に厚みをもたらしたが、徐々に消耗していった

13 ラフマニ 5.5
ゴール前ではラウタロとテュラムに自由を与えず

55 エスティゴーア 5.5
3失点目はテュラムに付ききれず

3 ナタン 5.5
マドリー戦に続き左サイドバック起用。ダンフリースの攻め上がりを何とかケア

(→ゼルビン -)

MF
99 ザンボ・アンギサ 5.0
ムヒタリアンの前に存在感を示せず

68 ロボツカ 5.5
相手の中盤3枚の前に思うようにゲームを作れず

(→ジエリンスキ -)

7 エルマス 6.0
ジエリンスキに代わって先発。立ち上がりのミドルが入っていれば

(→リンドストローム -)

FW
21 ポリターノ 5.5
バー直撃のミドル放ったが、プレー機会は少なかった

(→ラスパドーリ 5.0)
見せ場は作れず

9 オシムヘン 5.5
負傷明け後初先発。ヘディングシュートで一度ゴールに迫った

77 クワラツヘリア 6.0
果敢に仕掛ける姿勢を貫いてゴールに迫る場面もあった

監督
マッツァーリ 5.5
マドリー戦の消耗もあり、徐々にジリ貧に

インテル採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 ゾマー 7.0
前半立ち上がりのエルマスのミドルを止め、後半立ち上がりのクワラツヘリアのシュートをストップ。勝利の影の立役者

DF
36 ダルミアン 6.0
クワラツヘリアを徹底マーク。自由は与えなかった

(→ビセック ^)

6 デ・フライ -
センターバックに新たに負傷者が出てしまった

(→カルロス・アウグスト 6.0)
急な出場で不慣れなセンターバックだったが、そつなくこなす

15 アチェルビ 6.5
負傷者続出のセンターバックの中、ベテランが奮闘。安定したプレーを続けている

MF
2 ダンフリース 6.5
馬力ある持ち上がりでいつも通りのチャンスメークを担った。1点目に絡む

(→クアドラード 6.0)
ダメ押し弾をアシスト

23 バレッラ 7.0
1ゴール1アシストの活躍。今季初弾で勝利に導く

20 チャルハノール 7.0
流石のシュート精度。どちらに転ぶかわからない展開の中、貴重な先制点

22 ムヒタリアン 6.0
潤滑油として十分な働き

(→フラッテージ -)

32 ディマルコ 6.0
対面のディ・ロレンツォの上がりをケアしつつ、精度の高いクロスで牽制も図る

FW
9 テュラム 6.0
なかなかシュートチャンスに絡めなかったが、終盤の85分にシュート1本でダメ押し弾

(→アルナウトビッチ -)

10 ラウタロ・マルティネス 6.0
ゴールを奪えなくてもチャンスメークで貢献できるプレーの幅が素晴らしい

監督
S・インザーギ 6.5
ベンフィカ戦のターンオーバーを生かしてしっかり勝利。マネージメント能力を示す

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
バレッラ(インテル)
チャルハノール、ゾマーと共に勝利の立役者となった。ゴールシーンは自身の持ち味が存分に発揮されていた。待望の今季初弾。

ナポリ 0-3 インテル
【インテル】
チャルハノール(前44)
バレッラ(後17)
テュラム(後40)