混乱深まるマンチェスター・ユナイテッドについて、元イングランド代表FWのクリス・サットン氏は選手に問題があるとの考えを示した。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。

開幕から状態が上がらず、プレミアリーグでは14試合を消化して8勝6敗の7位に沈むユナイテッド。チャンピオンズリーグ(CL)でもグループステージ5試合でわずか1勝と振るわず、このままだと最下位で敗退する可能性がある。

加えて、MFジェイドン・サンチョは規律違反によって完全なる構想外に。また、FWマーカス・ラッシュフォードは10月のダービー惨敗後に誕生日パーティーを開催したことが物議を醸すなど、ピッチ外でもゴタゴタ続きの状態だ。

こうした状況もあり、エリク・テン・ハグ監督はチームでの求心力を失いつつある現状だが、サットン氏はポッドキャスト『It's All Kicking Off』にて問題は指揮官ではなく選手にあると主張。試合に対する真摯な姿勢が欠けていると苦言を呈している。

「私の知る限り、あのチームのロッカールームには蛇のような選手がいる。そして走らない選手たちだ。ブルーノ・フェルナンデスは走っていない、マーカス・ラッシュフォードは走っていない、アントニー・マルシャルも走っていない。彼らは才能ある選手なのに、なぜそれをしない?」

「ブルーノ・フェルナンデスが今どのポジションでプレーしているかはともかく、彼はキャプテンだろう。もしロイ・キーンやスティーブ・ブルース、ブライアン・ロブソンがキャプテンだったら、彼らはそんな選手たちがピッチに出ることを許すだろうか」

「責任を負うのは監督だが、選手が走らず、戻らず、自重もしないことは許されるのだろうか? たとえば試合前、ニューカッスルの選手たちがロッカールームでどのように振る舞っているかは想像できる。エネルギーを保持し、それをピッチで爆発させる準備ができているだろう。エディ・ハウのロッカールームではね」

「翻って、マンチェスター・ユナイテッドのロッカールームだ。そこにはたくさんのプリマドンナたちがいる」