2ゴールの活躍を見せた日本代表FW上田綺世(フェイエノールト)が、インドネシア代表戦について振り返った。

24日、アジアカップ2023のグループD最終節が行われ、日本はインドネシアと対戦。互いに勝利すれば2位でのグループ突破が決まる中、試合は日本のペースで進んだ。

開始2分、堂安律のスルーパスを受けた上田がボックス内で巧みにキープ。相手に倒されるとオン・フィールド・レビュー(OFR)の結果PKとなり、豪快に蹴り込んで先制する。

前半からしっかりと切り替えの早さを出して戦った日本。ゴールこそないものの押し込んでいくと、後半早々には左サイドを崩して上田が2点目を記録。さらに、88分には右サイドの伊東純也からのパスを受けた上田がボックス内で相手をかわして強引にシュートを放ち、オウンゴールで3-0とする。しかし、無失点で終わりたかった中、アディショナルタイムには警戒していたロングスローで失点。それでも3-1で勝利し、ラウンド16進出を決めた。

この試合は2ゴールの活躍を見せた上田。試合を振り返り「前の試合に出た課題だったり、上手くいかなかったところをある程度改善できたのではないかなというのと、とにかく勝てたことがよかったです」とコメント。地震の複数得点には「最低限の試合ができたかなと思います」と語り、「もっとチャンスもあったと思いますし、チャンスメイクできる部分もまだまだあると思います。改善するところはまだまだあります」と、より高いものを目指すとした。

後半には右サイドからの崩しでシュートを放ったが、相手に当たって入ったとしてオウンゴールに。ハットトリックを逃したが「厳しいですよね笑」とコメント。「3点取ったと思ってプレーしていましたけど、結果がオウンゴールで。別に良いですが、ちょっと厳しいかなと笑。 ハットトリックでも良いと思います。FWとしてはそう思いますが、客観的に見てそう見えたならそれで良いと思います」と語り、悔しさを滲ませていた。

開始2分には堂安との連携から見事にPKを獲得。あのシーンについては「律と色々と細かく、ここに入ってからもプレーしながらも話していたので、それが本当に話していた通りに出せたシーンだと思います」と崩し方に言及。「PKの前のシーンは合わせてできていました。そういうのが出てくると次々と合ってくると思います」と語り、「先制点という意味もありますけど、オフェンス的な目線で見ても良かったゴールだと思います」と大事なゴールだったとした。

PKをもらうシーンでは、しっかりと体を使って相手をブロックしながら抜け出そうとしたことから生まれた。「求められていることはそういうことも含まれていると理解しているので、もっとできれば良いなと思いますけど、そこのクオリティは上げたいです」と振り返り、自身が前線で体を張るプレーも大事だとした。

PKについては「PKキッカーとして指名されているというか、信頼してもらっているというのもありましたけど、自分がもらいましたし、蹴りたかったです」とコメント。2点目についても「僕は律が前を向いた時に裏に抜けたのでどうなったかは映像を見ないとわからないですけど、カウンターのチャンスになるというのは分かっていましたし、そこのスペース、律が前を向いた時に裏に抜ける準備はできていたので、人が流動的に動いて取れたというのは、僕らにとってやりたかった形でゴールできたのは良かったです」と、チーム全体として連動できたことが良かったとした。

チーム全体として勢いを持続して戦えたゲーム。上田は「勢いを持たせられるというのはFWや前の選手が攻守両面であると思います」と語り、「入りのところは課題で、前からの守備もそうで、前の試合から改善する上でも必要だと思っていました」と、2試合を振り返ってできていない部分をしっかりとやれたと振り返った。