ポルトガル代表の新ユニフォームのデザインがリークされている。ユニフォーム専門サイト『Footy Headlines』が伝えている。

ユーロ2024の予選では、グループJに入り10戦全勝という強さで首位通過したポルトガル。本大会では2大会ぶり2度目の優勝を目指す。

そのポルトガルはナイキとユニフォームのサプライヤー契約を締結しているが、ナイキとの契約は2024年で終了し、2025年からはプーマとサプライヤー契約を結ぶと伝えられている状況だ。

正式発表はまだないものの、そうなれば今回のユーロ2024で着用するユニフォームが、ナイキ製の最後のユニフォームということになる。

大きな意味を持つ新ユニフォームだが、『Footy Headlines』によると、そのアウェイユニフォームのデザインがリーク。ファンから大きな反響が寄せられているという。

そのデザインは、少しだけ黄色がかった白がベースとなっており、シャツ全体に模様が描かれている。この模様は、アズレージョと呼ばれるポルトガルのタイルをモチーフにしており、青で施されている。

総柄のシャツは、襟や袖口が黒に切り替わり、脇にも黒のラインが入っているほか、ナイキのロゴも黒で統一されている。

このデザインには、ファンも「本当なら素晴らしい」、「これは傑作になりそう」、「これはすごいぞ」とコメント。美しい柄のユニフォームに期待が高まっている。

なお、ユーロ2024は6月から7月にかけて行われるなか、『Footy Headlines』によると新ユニフォームは3月から4月にかけて発表されるということだ。