アル・イテハドがユベントス保有の元U-20アルゼンチン代表FWマティアス・スーレ(20)獲得を目指しているという。

昨夏を境に、現役バリバリのスター選手獲得に大金を叩くようになったサウジ・プロフェッショナルリーグ。それまで主流だったベテランだけでなく、キャリアの最盛期にあるような選手までもが欧州からサウジアラビアへ渡る流れが出来上がったのが特徴的と言える。

そんななかでも、U-21スペイン代表MFガブリ・ベイガ(21)がセルタからアル・アハリへ移籍したのは印象的なトピックスか。ベイガはマンチェスター・シティやレアル・マドリーなど数多の欧州ビッグクラブが興味を示していた若手。それだけにいくらなんでも中東行きは早すぎるのでは…との懐疑的な意見が今なお存在する。

そう、サウジ勢はこれから脂が乗ってくるであろうヤングタレントにも臆することなく大金を積むのだ。

イタリア『スカイ・スポーツ』などによると、現在アル・イテハドがユベントスからフロジノーネへレンタル移籍中の20歳スーレを獲得すべく、保有元ユベントスに3000万ユーロ(約48億円)のオファーを提示しているとのことだ。

どうやらスーレ本人にサウジ行きの気持ちは一切なく、このまま今季終了までフロジノーネでプレーし、来夏でユベントス復帰…という流れのようだが、欧州の他クラブも熱視線を送るスーレにオファーを送るということは、今後もベイガのように前途有望な若手がサウジへ向かうことは起こりうるかもしれない。