前節はスーペル・コッパ参戦のためインテルら4クラブが絡んだ4試合が延期となった中、ユベントスが暫定首位に浮上。デ・ロッシ監督の初陣となったローマが白星を飾った。迎える第22節、スーペル・コッパ3連覇を飾った暫定2位のインテル(勝ち点51/1試合未消化)が4位フィオレンティーナ(勝ち点34/1試合未消化)と対戦する。

スーペル・コッパでは準決勝でラツィオに3発快勝し、決勝ナポリ戦では後半追加タイムでのエースFWラウタロ弾でウノゼロ勝利としたインテル。充実の戦いを続ける中、フィオレンティーナ戦ではMFチャルハノールとMFバレッラを出場停止で欠く。途中出場した際には毎回良い働きをしているMFフラッテージが先発でどういったパフォーマンスを見せるかに注目だ。

インテルがスーペル・コッパ参戦中に首位の座に立ったユベントス(勝ち点52)は19位エンポリ(勝ち点16)と対戦。ユベントスは前節、レッチェに3-0で快勝し5連勝。FWヴラホビッチが2試合連続ドッピエッタと絶好調の中、格下エンポリ相手にもゴールとし、次節インテルとのイタリア・ダービーを暫定首位で迎えられるか。

スーペル・コッパに参戦し、インテルに敗れた6位ラツィオ(勝ち点33/1試合未消化)と9位ナポリ(勝ち点31/1試合未消化)が対戦。ラツィオはMF鎌田に出番がなかった中、インテル相手に成す術なく完敗となった。リーグ戦では4連勝中の勢いをナポリにぶつけることはできるか。

対するナポリはスーペル・コッパでマッツァーリ監督が好む3バックに変更。準決勝ではフィオレンティーナに快勝とし、決勝インテル戦では10人となった中、インテル相手に互角の戦いぶりを見せた。システム変更が良い流れを引き寄せそうな雰囲気もある中、厳しい退場判定に泣いたスーペル・コッパ決勝の鬱憤を晴らせるか。

ヴェローナに2-1の逃げ切り勝利とし、デ・ロッシ監督の初陣を飾った8位ローマ(勝ち点32)は最下位サレルニターナ(勝ち点12)と対戦。ヴェローナ戦ではモウリーニョ監督が採用していた3バックから4バックに変更としたデ・ロッシ監督。最終的に1点差に詰め寄られ、すっきりしない勝ち方となったが、結果が出たことをプラスに連勝に導けるか。

ウディネーゼ相手に劇的なシーソーゲームを制した3位ミラン(勝ち点45)は7位ボローニャ(勝ち点32/1試合未消化)と対戦。ウディネーゼ戦では先制しながらも逆転を許した中、途中出場のFWヨビッチ&FWオカフォー弾で勝利をもぎ取ったミラン。連勝を4に伸ばした中、難敵ボローニャと対戦となるが、連勝を5に伸ばせるか。

◆セリエA第22節
1/26(金)
《28:45》
カリアリvsトリノ

1/27(土)
《23:00》
アタランタvsウディネーゼ
《26:00》
ユベントスvsエンポリ
《28:45》
ミランvsボローニャ

1/28(日)
《20:30》
ジェノアvsレッチェ
《23:00》
モンツァvsサッスオーロ
ヴェローナvsフロジノーネ
《26:00》
ラツィオvsナポリ
《28:45》
フィオレンティーナvsインテル

1/29(月)
《28:45》
サレルニターナvsローマ