2週に渡っての分散開催となった前節はリバプール、マンチェスター・シティ、アーセナルの3チームが揃って勝ち点3を積み上げた一方、アストン・ビラ、トッテナムは勝ち点1獲得にとどまって上位戦線に若干の変化が起きた。

FAカップ4回戦の開催に伴い先週末はリーグ戦が行われなかったため、第22節はミッドウィークの開催となる。そのなかで最注目カードは首位のリバプールと9位のチェルシーによる名門対決だ。

リバプールは前節、好調のボーンマスに4-0の圧勝。前半は最後の仕上げの部分でしっくりいかなかったが、後半にFWヌニェスとFWジョタが共に2ゴールずつを奪い、終わってみれば圧勝となった。その後、EFLカップ準決勝でフルアムを退けて決勝進出を決定。ただ、その数日後にクロップ監督の今季限りでの退任という衝撃的なニュースがクラブに激震を走らせた。それでも、直近のFAカップではノリッジ相手に5-2の快勝を収めており、大きな混乱なく良い形でホーム開催のビッグマッチに臨めるはずだ。

対するチェルシーは前節、フルアムとのロンドン・ダービーに1-0で勝利。今季初の3連勝を達成した。以降の2つのカップ戦ではミドルズブラに今季最多6ゴールを挙げて逆転でのEFLカップ決勝進出を果たした一方、FAカップではアストン・ビラ相手にMFパーマーらの決定力不足が響いて0-0での引き分け再試合に。引き続き一貫性という部分に課題を残す。徐々に負傷者も復帰したなか、難所アンフィールドでの首位チームとの一戦は後半戦の浮沈のカギを握る一戦となるはずだ。

その首位チームを暫定5ポイント差で追う2位のマンチェスター・シティは、降格圏の19位に沈むバーンリーと対戦する。前節、難所セント・ジェームズ・パークで行われたニューカッスルとのシーソーゲームをFWボブの値千金のプレミア初ゴールで3-2と競り勝ったグアルディオラのチーム。さらに、直近のFAカップではトッテナムとの強豪対決をDFアケの終盤のゴールによって1-0で勝利。なお、鬼門トッテナム・ホットスパースタジアムでは5戦全敗且つ無得点が続いており、単なる1勝以上に勢いを与えるものとなった。コンパニ監督との師弟対決に向けては状態を上げるMFデ・ブライネ、FWドクに加え、FWハーランドの復帰も期待されており、4連勝達成の可能性は高いか。

そのシティと同勝ち点の3位アーセナルは、16位のノッティンガム・フォレストとのアウェイゲームで連勝を狙う。年末年始にかけて公式戦3連敗と泥沼の状況に陥っていたガナーズだったが、10日程度の調整期間を経て臨んだ前節は不振にあえぐクリスタル・パレスに5-0の完勝。相手を完全に崩し切ることはできなかったが、決定力に問題を抱えるなかでセットプレーとカウンターから大量ゴールを奪って勝ち切った。同じく後ろ重心での戦いが想定されるフォレストとのアウェイゲームでは引き続きセットプレーがカギを握ることになるが、引いた相手を崩し切るという課題克服も今後に向けて重要となるはずだ。

エバートン相手のゴールレスドローで4位に転落したアストン・ビラは、10位まで順位を落としたニューカッスル相手に仕切り直しの勝利を目指す。エバートン戦に加え、直近のチェルシー戦ではGKマルティネスを中心に守備陣が奮闘を見せた一方、今月の公式戦3試合ではわずかに1得点と攻撃面に問題を抱えており、ハイインテンシティの攻防が予想されるマグパイズとのタフなホームゲームにおいてはFWワトキンス、FWディアビらアタッカー陣の奮起とともにMFドウグラス・ルイスらの正確なキックを活かしたセットプレーからゴールをこじ開けたい。

5位のトッテナムはマンチェスター勢との公式戦2試合を未勝利で終えたなか、14位のブレントフォードとのホームゲームで3試合ぶりの白星を狙う。前節のユナイテッド戦は敵地で2度のビハインドを追いついてのドローとまずまず評価できる試合となったが、シティとのFAカップでは守備の奮闘が光った一方、攻撃はシュート1本に終わってポステコグルー新体制で初の無得点試合に。今回のブレントフォード戦ではエースFWトニーの復帰で破壊力を増すビーズの攻撃を封じつつ、先発復帰も期待されるMFマディソンの創造性を活かして複数得点を奪って勝ち切りたいところだ。

そのトッテナムと引き分けて上位浮上のチャンスを逃した8位のマンチェスター・ユナイテッドは、上位陣相手に強さを見せる11位のウォルバーハンプトンとのアウェイゲームに臨む。2点差を追いつかれたトッテナム戦に続き、直近のFAカップでは4-2の勝利で突破を決めたものの、4部のニューポート・カウンティ相手に2点差を追いつかれる失態を演じたテン・ハグのチーム。同試合ではMFカゼミロ、DFマグワイアら負傷者の戦列復帰が朗報となった一方、招集外となったFWラッシュフォードの素行問題という新たな火種も。謝罪と共に懲戒処分を受け入れたエースはウルブス戦でメンバー復帰の予定だが、指揮官の起用法にも注目が集まるところだ。

引き続きMF三笘薫が不在となる7位のブライトンは、シント=トロイデンのDF橋岡大樹の加入報道で注目集める18位のルートン・タウンと対戦する。リーグ前節はウルブス相手に攻撃が停滞し、2試合連続のゴールレスドローに終わった。ただ、直近のFAカップではシェフィールド・ユナイテッド相手にFWジョアン・ペドロのハットトリックの活躍などで5-2の大勝。後ろ重心のルートンに対しては、ブレイズ戦で掴んだ攻撃面の手ごたえをしっかりと結果に繋げたいところだ。

◆プレミアリーグ第22節
1/30(火)
《28:30》
ノッティンガム・フォレスト vs アーセナル
《28:45》
フルアム vs エバートン
ルートン・タウン vs ブライトン
《29:00》
クリスタル・パレス vs シェフィールド・ユナイテッド
《29:15》
アストン・ビラ vs ニューカッスル

1/31(水)
《28:30》
トッテナム vs ブレントフォード
マンチェスター・シティ vs バーンリー
《29:15》
リバプール vs チェルシー

2/1(木)
《28:30》
ウェストハム vs ボーンマス
《29:15》
ウォルバーハンプトン vs マンチェスター・ユナイテッド