3月に行われる日本代表の2026年北中米ワールドカップ(W杯)アジア予選について、北朝鮮の平壌で開催されることが決定した。アジアサッカー連盟(AFC)が発表した。

グループBに属する日本は、ミャンマー代表、シリア代表と2試合を戦い、いずれも5ゴールを奪って勝利。連勝スタートを切っている。

3月には2試合が予定されており、北朝鮮との連戦に。21日(木)には国立競技場で第3節を戦う中、26日(火)にはアウェイでのゲームが決定した。

場所は平壌の金日成スタジアムで開催。3月26日(火)の17時キックオフとなっている。

北朝鮮は1勝1分けの2位に位置。日本代表の男子チームが北朝鮮国内で試合を行うのは、2011年11月のブラジルW杯アジア3次予選以来13年ぶりとなる。なお、当時は1-0で敗れていた。

また、2月にはなでしこジャパンがパリ・オリンピック最終予選で北朝鮮女子代表と対戦することが決まっており、2月24日(土)には同じ金日成スタジアムで対戦することとなる。