日本代表は31日、アジアカップ2023・ラウンド16でバーレーン代表とアル・トゥマーマ・スタジアムで対戦し、3-1で勝利。準々決勝進出を決めた。

超WSの選手採点と寸評は以下の通り。

日本代表採点[4-3-3]

※採点は10点満点。及第点は「5.5」、「0.5」刻みで評価
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし

GK
23 鈴木彩艶 5.0
ビビらないつなぎは見事。ただ、失点直前の63分の浮き球対応は疑問符で、弾くならしっかりと弾くべき。

DF
16 毎熊晟矢 6.5
堂安とはこういう関係性も築けるのか。ポスト直撃の強烈無回転ミドルが先制点の契機に。オフサイドにはなったが、60分のスルーパスも圧巻で、上田の得点もアシスト。

4 板倉滉 6.0
冨安とのコンビで最終ラインを強固に。後半立ち上がりのヘディングが枠へ飛ばせていればなお良しで、左足の状態が気掛かり。

22 冨安健洋 6.5
守備の要であること再確認。地上、空中戦でも負ける気がせず、攻撃的かつ緻密なラインコントロールは絶妙だった。

19 中山雄太 6.0
高い位置で細かい組み立てに絡むことで逆サイドにスペースを創出。ウイングバックに代わってからも縦の好パスを届けた。

MF
6 遠藤航 6.0
パススピードや位置に気を配っていることがうかがえ、25分のスルーパスも見事。後半に2度ほど引っ掛けられたのが悩ましい。

17 旗手怜央 6.0
ボランチと2列目の中間、8番の役割を全う。21分のスルーやCK崩れ後の浮き球もアイデアを感じさせたが、右ふくらはぎを気にして前半で途中交代。

(→5 守田英正 5.5)
ボックスへ顔を出せるのは良さ。ただ、旗手と比較すると、つなぎの点では油が足らないようにも感じる。

20 久保建英 7.0
短いパス交換に前後半ともに完璧な1本目のセットプレー。自らのボール奪取から足を止めなかったことで貴重な追加点。

(→8 南野拓実 5.5)
上田のゴール時には逃げる動きで間接的に関与。ポケットを取る意欲も見せたが、無用なファウルも。

FW
10 堂安律 6.5
今大会初ゴールは見事な先制点。銀狼へと進化し、結果を残す。

(→15 町田浩樹 5.5)
遠藤と被る場面はあったが、3バック変更に伴い破綻なく試合を締めた。

9 上田綺世 7.0
ゴールカバーに入るべき状況なので失点関与は責められない。直後には嫌な流れを自ら払拭する鮮烈過ぎるソロゴール

(→18 浅野拓磨 4.5)
絶好機を2度フイに。試合を決めるべきだった。

13 中村敬斗 5.5
切り返しのキレ、シュートセンスは披露。とはいえ、攻撃でもう一工夫を求めてしまうのはポテンシャル故か。

(→7 三笘薫 5.5)
初出場でいきなりドリブル突破。らしく仕掛ける姿勢は見せたが、まだ万全ではなさそう。

監督
森保一 6.0
トーナメントである以上、勝ったことが全て。先発変更は1枚にとどめ、結果を残した攻撃陣を継続。相手を突き放したのは個人の技量だが、システム変更で逃げ切った。途中出場選手が試合を決めていれば、シナリオ通りか。

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
上田綺世(日本)
意図せずも失点に絡んでしまったが、自ら取り返すスーパーゴール。個の力を見せ付けた強烈な一撃は、反撃に転じようとする相手の心を間違いなくへし折った。

バーレーン代表 1-3 日本代表
【バーレーン】
オウンゴール(68分)
【日本】
堂安律(31分)
久保建英(49分)
上田綺世(72分)



CL・ELは決勝Tに突入!
パリvsソシエダ、インテルvsアトレティコなどWOWOWで生中継
>無料トライアル・放送予定など詳しくはこちら