神奈川県社会人サッカーリーグ1部の品川CCでトップチームの監督を務める元日本代表DFの槙野智章氏が参加した「モフモフ会」が話題だ。

2022シーズン限りで現役を引退した槙野氏。2023シーズンは品川CCテクニカルアドバイザー兼セカンドチーム監督として監督業に初挑戦。2024シーズンからは満を持してトップチームの監督を務めている。

2023年11月にはA級コーチライセンスの取得を報告し、今後のS級ライセンスの取得も目指していく中、現在行われているアジアカップ2023では解説者としても活躍している。

その槙野氏が1日インスタグラムを更新。愛犬のビションフリーゼ“ぱんちゃん”と「モフモフ会」なるものに参加したことを報告した。

真っ白でふわふわの毛をもつ小型犬のビションフリーゼ。カットによってはまるで綿菓子のようにも見えるキュートなシルエットが人気だ。

槙野氏とぱんちゃんは、そのビションフリーゼが集まる「モフモフ会」に参加。およそ15匹の仲間たちと遊んだようだ。

たくさんのモフモフに囲まれる槙野氏は笑顔を見せており、「色んな場所からたくさんの方が集まったから、またイベントやら集まりしたいですね^ ^参加される方はぜひ」と早くも次回の「モフモフ会」を画策しているようだ。

「モフモフ会」の様子には、犬好きのファンも「モフモフ可愛い」、「モフモフ大渋滞」、「可愛すぎです」、「ここは天国ですか…!?」とコメント。インパクト抜群の画に癒されていた。