3日、アジアカップ2023準々決勝で日本代表はイラン代表と対戦する。

2019年の前回大会は準優勝と決勝で涙を飲んだ日本。グループステージで苦しんだものの2位で通過し、バーレーン代表とのラウンド16も制して9大会連続のベスト8に進出した。

バーレーン戦から中2日で対戦するのはイラン。FIFAランキングでは日本に次ぐアジア2位に位置しており、2019年大会は準決勝で対戦。日本が0-3で勝利した相手だ。

欧州でもプレーする実力ある選手がたくさんいるなか、エースのFWメフディ・タレミが出場停止。一方で、日本も週刊誌報道によりMF伊東純也(スタッド・ランス)がチームを離脱。MF旗手怜央(セルティック)はバーレーン戦でふくらはぎの肉離れを起こし、起用ができない状況だ。

大一番のスターティングメンバーは、バーレーン戦から3名を変更。ケガの旗手に加え、DF中山雄太(ハダースフィールド・タウン)、MF中村敬斗(スタッド・ランス)が外れ、MF守田英正(スポルティングCP)、DF伊藤洋輝(シュツットガルト)、FW前田大然(セルティック)が起用された。

また、ベンチ外になったのは、離脱した伊東とケガの旗手に加え、GK野澤大志ブランドン(FC東京)となった。

試合はこの後20時30分からキックオフ。DAZNとテレビ朝日で生中継される。

◆スタメン
GK
鈴木彩艶(シント=トロイデン)

DF
毎熊晟矢(セレッソ大阪)
板倉滉(ボルシアMG)
冨安健洋(アーセナル)
伊藤洋輝(シュツットガルト)

MF
遠藤航(リバプール)【C】
守田英正(スポルティングCP)
堂安律(フライブルク)
久保建英(レアル・ソシエダ)

FW
上田綺世(フェイエノールト)
前田大然(セルティック)

◆ベンチ
GK
前川黛也(ヴィッセル神戸)

DF
菅原由勢(AZ)
谷口彰悟(アル・ラーヤン)
町田浩樹(ロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズ)
中山雄太(ハダースフィールド・タウン)
渡辺剛(ヘント)

MF
三笘薫(ブライトン&ホーヴ・アルビオン)
佐野海舟(鹿島アントラーズ)
南野拓実(モナコ)
中村敬斗(スタッド・ランス)

FW
浅野拓磨(ボーフム)
細谷真大(柏レイソル)

◆ベンチ外
GK野澤大志ブランドン(FC東京)
MF伊東純也(スタッド・ランス)
MF旗手怜央(セルティック)




CL・ELは決勝Tに突入!
パリvsソシエダ、インテルvsアトレティコなどWOWOWで生中継
>放送予定など詳しくはこちら