ミランのステファノ・ピオリ監督が勝利を喜んだ。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えた。

セリエA前節のボローニャ戦は土壇場で追いつかれ、リーグ戦5連勝とはならなかったミラン。3日の第23節では再びの連勝街道を目指し、フロジノーネとのアウェイゲームに臨んだ。

ミランはフランス代表FWオリヴィエ・ジルーのゴールで先制しながらも、65分までに逆転を許す展開に。それでもジルーのアシストからイタリア人DFマッテオ・ガッビアが同点弾を決め、終盤には途中出場のセルビア代表FWルカ・ヨビッチが逆転ゴールを奪った。

3-2の勝利を収めたピオリ監督は、ベンチメンバーの力も合わせて逆転したチームの好調ぶりに満足感。「改善するべき点はまだたくさんあるが、新年に入ってからは、並外れたことをやっているインテルやユベントスと同じレベルに達している」と、上位2チームを引き合いに出した。

また、ピオリ監督は内容も振り返り、2失点目以外は概ね良かったとコメントしている。

「我々はまずまずのスタートを切ったが、それでもほとんどゴールは許さなかった。2失点目の場面ではミスを犯したが、後半、フロジノーネがほとんどシュートを打たなかったのも事実だ」

「選手たちが素晴らしいキャラクターを発揮し、たくさんの意欲もあった。予想通り、難しくて複雑な試合だった」

さらに、スーパーサブとして度々チームを救っているヨビッチや、1ゴール1アシストのジルーにも言及。2人のストライカーの活躍を称賛した。

「ヨビッチは決定的な存在だ。私は彼のクオリティを信じているから、毎日刺激している。だが、その功績は彼だけのものではない」

「ジルーは技術的にも精神的にも我々に多くをもたらしてくれる。我々はしばしばアウトサイドで一対一を作ったが、ボックス内をあまり埋められなかった。2トップにしたことでうまくやれるようになった」

次節は11日のホーム・ナポリ戦。その後はヨーロッパリーグ(EL)の決勝トーナメント・プレーオフ1stレグでスタッド・レンヌと対戦と、重要な戦いが続く中、ピオリ監督は気を引き締めている。

「ナポリやレンヌというタレントの多いチームとの対戦となればレベルが上がる。我々も上げていかなければならない」

「(イエローカードを受けた)ラインデルスは警告が溜まっていたので、遅かれ早かれ(累積で)欠場するだろうと思っていた。問題はない。少なくとも彼は休むことができる。ベナセルも戻ってきたし、ムサもそこで落ち着いてプレーできる。ナポリ戦の準備はできている」

CL・ELは決勝Tに突入!
パリvsソシエダ、インテルvsアトレティコなどWOWOWで生中継
>放送予定など詳しくはこちら