先週末に行われた第23節では、注目の上位対決となったアーセナルvsリバプールがアルテタのチームの勝利に終わった。さらに、マンチェスター・シティ、アストン・ビラが勝利した結果、優勝争いは混戦模様となっている。

週明けにUEFAコンペティションの決勝トーナメントがスタートし、強豪チームにとってさらなる過密日程に突入するなか、今節はアジアカップとアフリカ・ネーションズカップ(CAN)を一足早く終えた主力が復帰するチームの戦いに注目したい。

5位のトッテナムと8位のブライトンの上位対決は、志半ばでアジアカップを終えたFWソン・フンミンとMF三笘薫による日韓エース対決に大きな注目が集まる。

トッテナムは前節、絶好調のFWリシャルリソンのリーグ4戦連発となる2つの恩返しゴールに2度のリードを得たが、エバートンの2つのセットプレーに屈して2-2のドロー。とりわけ、DFドラグシンの投入で[5-3-2]の守備的な布陣での逃げ切りを図った中、後半アディショナルタイムに喫した失点は痛恨だった。それでも、MFサールに続きアジアカップ、CAN敗退のMFビスマ、ソン・フンミンの復帰によって、ここからようやくベストメンバーでの戦いが可能に。前回対戦で2-4の敗戦を喫したシーガルズとのホームゲームでは、攻撃陣を中心に駒が揃ったなかでポステコグルー監督の用兵が勝利のカギを握りそうだ。

対するブライトンは前節、クリスタル・パレスに4-1の完勝。前々節のルートン・タウン戦で喫した屈辱の惨敗を払しょくすると共に、4試合ぶりの得点と勝利を手にした。守備では相変わらずの“義務失点”と緩みを見せたが、攻撃ではセットプレー、サイドアタック、カウンター、鮮やかな中央突破と多彩な崩しからゴールをこじ開けており、ここに三笘が加わる攻撃はトッテナムに脅威を与えるはずだ。一方で、ほぼベストメンバーが揃ったホームチームに対して、付け入る隙を与えれば前回対戦の後半終盤のような難しい展開を強いられるだけに気を引き締めて臨みたい。

DF冨安健洋が復帰する3位のアーセナルは、今シーズンのEFLカップ、リーグ前回対戦で敗れている7位のウェストハムとのタフなロンドン・ダービーに臨む。前節のリバプール戦ではミス絡みの失点で一時同点に追いつかれたが、前線からの連動性、強度に優れる守備からリズムを掴み、完勝といっていい3-1のスコアで大一番を制した。これで優勝争いに踏みとどまったアルテタのチームだが、今節は今季苦手とする難敵ハマーズとのアウェイゲームとなる。前節、マンチェスター・ユナイテッドに0-3で完敗し、リーグ無敗が「6」でストップしたモイーズのチームはホームでのバウンスバックの勝利へ高いモチベーションを持っており、その難敵相手にしっかりと勝ち切りたい。なお、リバプール戦でDFジンチェンコが負傷交代しており、冨安は左サイドバックでいきなりの先発復帰も期待される。

そのアーセナル相手に今季2敗目を喫した首位のリバプールは、MF遠藤航が復帰を果たしたなか、降格圏の19位バーンリーを相手にバウンスバックの勝利を狙う。前節は守護神やDFファン・ダイクの失点に直結するミスや微妙な判定が影響した一方、前半に攻守両面で圧倒されるなどある意味で妥当な敗戦だった。これを真摯に受け止め、今節では下位に沈む相手に内容の伴った勝利を収めたいところだ。代表戦帰りの遠藤に関してはMFソボスライの離脱でMFマク・アリスターを一列前で起用する可能性が高く、アンカーでのスタメン起用が見込まれる。

リーグ5連勝達成で自力での首位奪還の可能性を手にした2位のマンチェスター・シティは、18位のエバートン相手に6連勝を狙う。前節のブレントフォード戦では敵地で先制点を許し、相手守護神フレッケンの再三の好守に苦しめられたが、MFフォーデンのキャリア2度目のハットトリックの活躍によって3-1の逆転勝利。FWハーランドは決定機を逸したものの、1アシストを記録するなど上々のスタメン復帰を果たし、本格復帰への足がかりを掴んだ印象だ。週明けにチャンピオンズリーグ(CL)のコペンハーゲン戦を控えるため若干のターンオーバーも見込まれるが、多くの主力の復帰に伴い、誰が出ても高いクオリティのフットボールを見せられるはずだ。

また、今節は4位のアストン・ビラと6位のマンチェスター・ユナイテッドによる上位対決にも大きな注目が集まる。アストン・ビラは前節、シェフィールド・ユナイテッド相手に5-0の圧勝を収めて1節でのトップ4返り咲きに成功したが、ミッドウィークのFAカップ4回戦再試合では難攻不落の要塞ビラ・パークでチェルシーに1-3の完敗。良い流れを維持できなかった。そのホームに赤い悪魔を迎え撃つ今回の一戦ではしっかりとリバウンドメンタリティを示せるか。

対するユナイテッドは前節、ウェストハム相手にFWホイルンドの公式戦4試合連続ゴールに、FWガルナチョの2ゴールで3-0の完勝。DFリサンドロ・マルティネスの再離脱は痛恨も、リーグ戦6試合ぶりのクリーンシートのおまけ付きで、ここからの巻き返しに弾みを付けた。前回対戦で2-3の大逆転勝利を収めたビラとの再戦で再び勝利を収められれば、逆転でのトップ4への機運も高まるはずだ。

ボトムハーフの11位に低迷するチェルシーは、深刻な不振でホジソン監督の更迭も取り沙汰される14位のクリスタル・パレス相手にリーグ連敗ストップを期す。前節、ホームでウォルバーハンプトンに2-4の完敗を喫したポチェッティーノのチームだが、FAカップのアストン・ビラ戦をMFギャラガーの今季初ゴールやMFエンソ・フェルナンデスの美しい直接FKなどで快勝。指揮官も手応えを語る大きな勝利となった。ただ、著しく安定感を欠くチームだけに気を引き締めて敵地へ乗り込みたい。

最後に、DF橋岡大樹を擁するルートン・タウンは最下位のシェフィールド・ユナイテッドと対戦。ルートンは前節、難所セント・ジェームズ・パークでニューカッスルと対戦し、4-2の状況から追いつかれたものの、2試合連続4ゴールを挙げるなど好調を維持。同試合で遠征メンバーに入りながらもベンチを外れた橋岡は、加入後初のホームゲームでベンチ入りと共にプレミアリーグデビューを目指すことになる。

◆プレミアリーグ第24節
2/10(土)
《21:30》
マンチェスター・シティ vs エバートン
《24:00》
フルアム vs ボーンマス
リバプール vs バーンリー
ルートン・タウン vs シェフィールド・ユナイテッド
トッテナム vs ブライトン
ウォルバーハンプトン vs ブレントフォード
《26:30》
ノッティンガム・フォレスト vs ニューカッスル

2/11(日)
《23:00》
ウェストハム vs アーセナル
《25:30》
アストン・ビラ vs マンチェスター・ユナイテッド

2/12(月)
《29:00》
クリスタル・パレス vs チェルシー

CL・ELは決勝Tに突入!
パリvsソシエダ、インテルvsアトレティコなどWOWOWで生中継
>放送予定など詳しくはこちら