アジアカップ2023の決勝が10日に開催。ヨルダン代表のフシーヌ・アムタ監督が、決勝に向けて意気込みを語った。アジサッカー連盟(AFC)の公式サイトが伝えた。

1カ月にわたって開催されてきたアジアカップも残すところ1試合。日本代表をはじめ、優勝候補とされていた韓国代表、イラン代表、サウジアラビア代表、オーストラリア代表といった強豪が軒並み敗退する中、史上初のベスト4入りを果たしたヨルダンが決勝に駒を進めた。

モロッコ人指揮官のアムタ監督率いるチームは、グループEを3位で通過。ノックアウトステージでは強豪との対戦を回避すると、イラク代表、タジキスタン代表、そして韓国代表に勝利して決勝へと進んだ。

その相手は、ディフェンディングチャンピオンであり、開催国のカタール。アムタ監督は、重要な試合になるとコメント。ここまで見せてきたパフォーマンスをしっかりと出し切ってタイトルを目指したいとした。

「両チームとも歴史的なタイトルを獲得したいと考えているため、決勝戦がどれほど重要であるかを説明する必要はない。選手たちにこれ以上プレッシャーをかけることなく、通常通りに決勝に向けて準備し、チームのレベルと決勝に進むために自分たちが生み出したものを反映したパフォーマンスを出したいと思っている」

「この試合は非常に重要であり、ヨルダンのサッカー界にとって初のメジャータイトル獲得を目撃することになるかもしれない」

「我々の成果には非常に満足している。ヨルダンを決勝に導くのは、私にとって個人的なチャレンジだったが、目標を達成できた。多少のケガ人はいるものの、チームはフルメンバーで臨むつもりだが、選手たちは準備ができているはずだ」

また、その相手であるカタールについても言及。アウェイでの戦いにになる中、しっかりと戦いたいとした。

「カタールはディフェンディングチャンピオンであり、ホームでプレーしているため、手強い相手だ。彼らと対戦することは簡単ではない。彼らが成し遂げたことを達成することは簡単ではない」

「親善試合をやったが、カタールに対して勝利を確実にすることは大変だった。困難が予想されるが、全員が一致団結して、無事にゴールを奪えることを目指す。我々は期待を超えることを目指している」

CL・ELは決勝Tに突入!
パリvsソシエダ、インテルvsアトレティコなどWOWOWで生中継
>放送予定など詳しくはこちら