ラツィオは10日、セリエA第24節でカリアリとのアウェイ戦に臨み、3-1で快勝した。ラツィオのMF鎌田大地は78分から出場している。

前節アタランタに完敗した9位ラツィオ(勝ち点34)はインモービレが先発に戻り、フェリペ・アンデルソン、イサクセンと共に3トップを形成した。

前節ローマに完敗して3連敗の18位カリアリ(勝ち点18)に対し、ボールを持つ入りとなったラツィオは7分、ディフェンスライン裏を取ったインモービレがGK強襲のシュートを浴びせて牽制した。

その後も自陣に引いてカウンターを狙うカリアリを押し込むラツィオは21分にイセクセンがドリブルシュートでオンターゲットを記録。

すると26分FKの流れからボックス左のイサクセンのクロスがオウンゴールを誘った。先制したラツィオがハーフタイムにかけても主導権を握った中、追加タイムのピンチではラパドゥーラのヘディングシュートをGKプロベデルがファインセーブで凌ぎ1点のリードを保って前半を終えた。

迎えた後半、開始4分にラツィオがリードを広げる。イサクセンのシュートをGKが弾いたルーズボールをインモービレがねじ込んだ。

インモービレのセリエA通算200ゴール目が生まれたものの、2分後に1点差とされる。ガエターノに見事なミドルシュートを決められた。

その後、GKプロベデルが好守でピンチを2つ凌ぐと、65分に3点目。フェリペ・アンデルソンがボックス左に侵入してカットインシュートを決めきった。

そして78分、公式戦6試合ぶりの出場となった鎌田が左インサイドに投入されると85分、鎌田に絶好機。ボックス左からのカットインシュートがポストを掠めた。このまま3-1で快勝としたラツィオが勝利を取り戻している。

CL・ELは決勝Tに突入!
パリvsソシエダ、インテルvsアトレティコなどWOWOWで生中継
>放送予定など詳しくはこちら