セルティックは21日、スコティッシュカップ5回戦でセント・ミレンと対戦し2-0で勝利した。

4回戦で5部のバッキー・シスルを破った王者セルティック。直近のハイバーニアン戦でアダム・イダーの劇的PK弾で勝利したチームは、ベスト8進出を懸けてセント・ミレンとのスコティッシュ・プレミア勢対決に臨んだ。

この試合では古橋享梧と日本代表から帰還したFW前田大然がスタメン入り、DF岩田智輝がベンチスタート。負傷中のMF旗手怜央とDF小林友希はベンチ外となった。

立ち上がりから一進一退の展開が続く中、セルティックは15分に先制する。中盤からのロングスルーパスで左サイドを抜け出したパルマが縦への仕掛けからマイナスに折り返すと、ボックス内に走り込んだ古橋が右足のダイレクトシュートをゴールに流し込んだ。

その後はセント・ミレンの反撃に遭うが、再び決定機を作ったのはセルティック。37分、オライリーのパスをボックス内で受けたイダーがボディフェイントでDFをかわし右足を振り抜いたが、シュートは相手DFにディフレクトしわずかにゴール右に逸れた。

さらにセルティックは38分にも味方とのパス交換で左サイドを突破したパルマのクロスをゴール前に走り込んだ前田が合わせたが、これもゴール左に外れた。

1点リードで前半を終えたセルティックは、後半立ち上がりに追加点を奪う。53分、パルマの左クロスをファーサイドから走り込んだオライリーが合わせると、左ポストを直撃した跳ね返りを前田がゴールに押し込んだ。

その後は互いに選手を入れ替えながらゴールを目指したが、拮抗した展開が続く。セルティックは、75分に古橋と前田を下げてオ・ヒョンギュとキューンを投入したが、最後までゴールは生まれず。試合はそのまま2-0でタイムアップ。

プレミアシップ対決を制したセルティックが準々決勝進出を決めた。

セント・ミレン 0-2 セルティック
【セルティック】
古橋享梧(前15)
前田大然(後8)

CL・ELは決勝Tに突入!
パリvsソシエダ、インテルvsアトレティコなどWOWOWで生中継
>放送予定など詳しくはこちら