パリ・サンジェルマン(PSG)のルイス・エンリケ監督がレアル・ソシエダ相手の先勝を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。

ドルトムント、ミラン、ニューカッスルが同居する最激戦区のグループFを2位で突破し、チャンピオンズリーグ(CL)の決勝トーナメントに駒を進めたPSG。14日にはラウンド16の1stレグで日本代表MF久保建英を擁するソシエダをホームに迎えた。

前半はゴールレスで折り返したものの、58分にCKからフランス代表FWキリアン・ムバッペが押し込み先制に成功。さらに70分にはU-21フランス代表FWブラッドリー・バルコラが追加点を奪い、2点のリードを持って2ndレグへ向かうこととなった。

準々決勝進出に向け大きなアドバンテージを手にしたエンリケ監督は、まず前半の苦戦ぶりに言及。後半に巻き返すことができたが、アノエタで臨む2ndレグも同様に難しい戦いになると予想した。

「前半を見た限りでは、この試合を2-0で勝つとは想像できなかった。我々はレアル・ソシエダのレベルを十分理解していた。彼らはグループステージを首位でフィニッシュしているし、長年チーム一丸となって戦ってきたチームだ」

「彼らは自分たちがどのような試合運びをしなければならないかよくわかっているし、目を見張るチームだと思う。サン・セバスティアンで我々を待ち受けるプレッシャーや、ミッションの難しさは想像できるだろう」

「しかし、サッカーはチャンスを与えてくれるものだ。後半、我々はより良いスタートを切ることができたし、より相手にプレスをかけ、前に出てボールを持ってプレーし、より多くのチャンスを生み出した。よりはっきりとした状況を生み出し、アタッカーたちにより良い形でボールが入るようになった。そこで我々は違いを生んだ」

また、ルイス・エンリケ監督はソシエダの前半のプレス強度を称賛。改めて自チームの後半の挽回ぶりに胸をなでおろしている。

「チャンピオンズリーグでは大きなプレッシャーがあるし、レアル・ソシエダが非常に良いプレスをかけてきたため、我々は前に出ていけなかった。そしてどんどん萎縮していった」

「我々は苦しんだ。幸いなことに、後半はこういった状況を克服し始め、調子を上げていき、自信を取り戻した。後半はレアル・ソシエダを上回っていたと思う」

CL・ELは決勝Tに突入!
パリvsソシエダ、インテルvsアトレティコなどWOWOWで生中継
>放送予定など詳しくはこちら