メジャーリーグ・サッカー(MLS)のオーランド・シティは15日、アタランタから元コロンビア代表FWルイス・ムリエル(32)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2026年12月末までの3年となる。

オーランド移籍が決定したムリエルは新天地での意気込みを語っている。

「ここに来て、この街、チームの雰囲気を味わうことができてとても興奮しているし、幸せだよ。そして、何かを始めたいという強い意欲を持っているんだ」

「オスカル・(パレハ監督)とオーランドから電話があったとき、他にもさまざまなオファーがあった。だけど、このクラブの発展、ここにいるプレーヤーたち、そしてタイトルを勝ち取りたいという全員の願望を見ることができて、この決断を下したんだ。ここでの新たなスタートに興奮しているよ」

2010年に加入したウディネーゼでのヨーロッパ初挑戦からサンプドリア、セビージャ、フィオレンティーナといったクラブで活躍したムリエル。その後、2019年夏にアタランタへ加わると、2020-21シーズンにはキャリアハイとなるリーグ戦22ゴールを記録した。ただ、昨シーズンは29試合で3ゴール、今シーズンもここまで2ゴールと徐々にチーム内での存在感を欠いていた。

オーランド・シティでは、コロンビア人のオスカル・パレハ監督が同胞FWの獲得を希望。ムリエルとしても母国の自宅から飛行機で数時間の距離であることや、プレータイムの増加、もうすぐ33歳となることを踏まえた上での複数年契約、給与や生活スタイルなどさまざまな面でメリットを考慮してアメリカ行きを決断した。