プレミアリーグ第25節、マンチェスター・シティvsチェルシーが、日本時間17日26:30にエティハド・スタジアムでキックオフされる。激闘演じた3カ月前からの進化試される青の名門同士の競演だ。

現在、1試合未消化で首位のリバプールと2ポイント差で2位に位置するシティ(勝ち点52)。前節は下位のエバートン相手に前半は苦戦を強いられたが、後半にハーランドの復帰後初ゴールを含む2ゴールの活躍などで押し切って2-0の勝利。リーグ6連勝を達成した。さらに、ミッドウィーク開催のチャンピオンズリーグ(CL)のコペンハーゲン戦ではホームチームに善戦されながらも、今季CL初出場となったデ・ブライネの1ゴール2アシストの圧巻の活躍で3-1の先勝を収めた。

昨年末のクラブ・ワールドカップから目下公式戦11連勝と、例年に違わずシーズン終盤に向けて状態を上げるグアルディオラのチームは、3月初旬に控えるダービー、リバプールとのビッグマッチ連戦に向けてさらなる連勝を目指す。

対する10位のチェルシー(勝ち点34)は、リバプール、ウォルバーハンプトンにいずれも4失点を喫して惨敗。トップ4はおろかボトムハーフへの転落となったが、FAカップ4回戦再試合のアストン・ビラ戦で会心の3-1の快勝。これで悪い流れを払しょくすると、前節のクリスタル・パレスとのダービーに3-1の逆転勝利。低調な前半を0-1のスコアで終えたが、後半に盛り返すと、ギャラガーの2つの恩返しゴールにエンソ・フェルナンデスのダメ押しゴールによって土壇場で試合を引っくり返す、劇的な逆転勝利を収めた。

これでトップハーフに返り咲いたポチェッティーノのチームは、逆転でのトップ4は絶望的であるものの、ウェストハムやアストン・ビラ、ブライトンといったライバルの失速によってヨーロッパ出場権獲得の可能性は十分に残している。それだけに今回の一戦ではどうにか勝ち点を持ち帰り、シーズン残りの戦いへ弾みを付けたいところだ。

なお、昨年11月12日にスタンフォード・ブリッジで開催された前回対戦は壮絶な撃ち合いの末、4-4のドロー決着となった。シティが先制点を含めて3度リードを手にしながらも、チェルシーが驚異的な粘りで追いつくスペクタクルな一戦だった。その激闘から3カ月を経て臨む2度目の対戦では再び拮抗した展開となるか、思わぬワンサイドゲームとなるか…。

◆マンチェスター・シティ◆
【4-1-4-1】
予想スタメン
(C)CWS Brains,LTD.
GK:エデルソン
DF:ウォーカー、ストーンズ、ルベン・ディアス、アケ
MF:ロドリ
MF:フォーデン、デ・ブライネ、アルバレス、ドク
FW:ハーランド

負傷者:DFグヴァルディオル、セルヒオ・ゴメス、MFコバチッチ、ベルナルド・シウバ、グリーリッシュ
出場停止者:なし

出場停止者はいない。負傷者に関してはグヴァルディオルとグリーリッシュの欠場が決定。すでにトレーニング復帰のコバチッチ、打撲の影響が懸念されるベルナルド・シウバは五分五分だ。

スタメンは直近のコペンハーゲン戦から2選手の変更を予想。負傷のグリーリッシュの代役にドク、ベルナルド・シウバに代わって完全休養のアルバレスの復帰が濃厚。また、アカンジやリコ・ルイス、マテウス・ヌネス起用の可能性もありそうだ。

◆チェルシー◆
【4-2-3-1】
予想スタメン
(C)CWS Brains,LTD.
GK:ペトロビッチ
DF:グスト、ディザジ、コルウィル、チルウェル
MF:カイセド、エンソ・フェルナンデス
MF:パーマー、ギャラガー、スターリング
FW:ジャクソン

負傷者:DFチアゴ・シウバ、バディアシル、ククレジャ、フォファナ、リース・ジェームズ、MFラヴィア、ウゴチュク、チュクエメカ
出場停止者:なし

出場停止者はいない。負傷者に関しては前節のパレス戦で負傷したチアゴ・シウバが新たに負傷者リストに入っている。一方で、GKロベルト・サンチェスがメンバーに復帰する見込みだ。

スタメンは前述の11名を予想。起用できる選手が限られるディフェンスライン、鉄板の中盤は前述の選手がプレーする可能性が高いが、パーマーを除いて定まらない前線はエンクンク、マドゥエケ、ムドリクにも十二分にチャンスがある。

★注目選手
◆マンチェスター・シティ:MFケビン・デ・ブライネ
Getty Images
完全復活の司令塔が古巣に襲い掛かる。シティの注目プレーヤーは直近のコペンハーゲン戦で完全復活を印象付けた32歳のベルギー代表MFだ。

プレミアリーグ開幕戦でハムストリングの負傷を再発させ、4カ月以上の戦線離脱を余儀なくされたが、今年1月に戦列復帰。以降はグアルディオラ監督による慎重な起用法によって着実にプレータイムを増やしてきたなか、復帰後の公式戦7試合では2ゴール7アシストと圧巻のスタッツを記録している。

とりわけ、コペンハーゲン戦では個人で仕掛けるシーンやオフ・ザ・ボールでの躍動感が戻っており、完全復活を印象付けた。フル出場したその試合から中3日とコンディション面はやや気がかりだが、古巣相手に勝ち点3必須の一戦で再び違いを生む仕事が期待される。

◆チェルシー:DFレヴィ・コルウィル
Getty Images
センターバックとして真価試される一戦に。古巣初対戦で存在感示したパーマーや中盤3選手のパフォーマンスが勝敗のカギを握ることに間違いないが、チアゴ・シウバ不在でディザジとセンターバックコンビを組むことが予想される20歳のイングランド代表DFのパフォーマンスに注目したい。

レンタル先のブライトンでセンターバックとして大きな飛躍を遂げたコルウィルは、復帰したブルーズで生え抜きのレジェンドであるジョン・テリーがかつて背負った26番を希望。大きな覚悟を持ってシーズンに臨んだが、ここまではチーム事情で本職のセンターバックよりも左サイドバックでのプレーが多く、センターバックとして真価を計りかねる状況だ。

そういったなか、今回の一戦はシーズン序盤戦のリバプール、アーセナル戦以来、久々のビッグマッチでのセンターバック起用が見込まれる。また、ディフェンスラインを統率するチアゴ・シウバ不在の一戦となるため、リーダーシップという部分でも真価が試される一戦となるはずだ。前回対戦は負傷で欠場しているが、今回対峙するシティはデ・ブライネの復帰によってさらなる破壊力を増しており、その強力な攻撃陣を封じてセンターバックとしての評価を高められるか。

CL・ELは決勝Tに突入!
パリvsソシエダ、インテルvsアトレティコなどWOWOWで生中継
>放送予定など詳しくはこちら