バルセロナのチャビ・エルナンデス監督がスペイン代表MFガビ(19)の重要性を説いた。スペイン『スポルト』が伝えた。

バルセロナの下部組織出身で、19歳ながらチームの中心に君臨している中盤のファイター・ガビ。しかし、今シーズンは2023年11月の代表戦で右ヒザに重傷を負い、長期離脱を強いられている。

そんなガビに興味を示しているのが、フランス代表FWキリアン・ムバッペの今夏退団が決定的とみられているパリ・サンジェルマン(PSG)とのこと。ルイス・エンリケ監督がお気に入りの選手の1人に数えているようだ。

一方、ガビ自身はバルセロナでの未来に焦点を当てているため、現時点で移籍は考えておらず、バルセロナも交渉に応じるつもりはない模様。また、17日のラ・リーガ第25節セルタ戦を前にしたチャビ・エルナンデス監督も、絶対に放出してはならない選手だと強調している。

「ガビは残留しなければならないし、将来的にはチームのキャプテンの1人にならなければならない。我々は常に選手の去就について話し合っているが、ガビはバルサの未来でなければならない」

ガビとバルセロナの現行契約は、期間が2026年6月までとなっており、10億ユーロ(約1618億9000万円)の契約解除条項も存在。バルセロナは来シーズン、ガビがピッチに戻ってからさらなる契約更新について話し始めるつもりだという。

CL・ELは決勝Tに突入!
パリvsソシエダ、インテルvsアトレティコなどWOWOWで生中継
>放送予定など詳しくはこちら