セルティックは17日、スコティッシュ・プレミアシップ第26節でキルマーノックと対戦し1-1の引き分けに終わった。

先週行われたスコティッシュカップ5回戦のセント・ミレン戦を古橋享梧と前田大然のゴールで勝利した首位セルティック(勝ち点61)は、この試合でも古橋とFW前田をスタメンで起用。DF岩田智輝がベンチスタート、負傷中のMF旗手怜央とDF小林友希はベンチ外となった。

4位キルマーノック(勝ち点36)に対し、立ち上がりからボールを握ったセルティックは11分、C・マクレガーのラストパスをボックス左で受けたパルマがカットインから決定機。しかし、シュートは絶妙な飛び出しで距離を詰めたGKに防がれた。

その後も攻勢を続けるセルティックは、32分にスコアを動かす。ボックス内のオライリーが落としたボールをボックス右手前で受けたラルストンのクロスを古橋が頭でゴールに叩き込んだ。

先制したセルティックは、前半追加タイム2分にもボックス左から侵入したパルマのシュートのこぼれ球をボックス中央のオライリーがシュート。さらにGKデニスが弾いたボールを再びオライリーが頭で狙ったが、これは相手DFのブロックに阻まれた。

迎えた後半も主導権を握ったセルティックは、53分にウェルシュの縦パスを古橋はワンタッチで繋ぐと、これを受けたオライリーがボックス手前からゴールを狙ったが、シュートは相手GKのセーブに防がれた。

その後は互いに選手を入れ替えながらゴールを目指す中、セルティックは68分に前田を下げてキューン、80分に古橋を下げてオ・ヒョンギュを投入した。

このまま終了かと思われたが、セルティックは後半アディショナルタイムに失点を許す。91分、中盤でボールを持ったスチュワートが早いタイミングでゴール前にロングパスを供給すると、ジョー・ライトがフリックしたボールをボックス左横で拾ったマレーがクロス。これをファーサイドのワトソンにヘディングでゴールに流し込まれた。

結局、試合はそのまま1-1でタイムアップ。古橋が公式戦連発弾を守り切れなかったセルティックが、ホームで痛恨のドローとなった。

セルティック 1-1 キルマーノック
【セルティック】
古橋享梧(前32)
【キルマーノック】
ワトソン(後47)

CL・ELは決勝Tに突入!
パリvsソシエダ、インテルvsアトレティコなどWOWOWで生中継
>放送予定など詳しくはこちら