リバプールの日本代表MF遠藤航が高い評価を受けている。

17日、リバプールはプレミアリーグ第25節でブレントフォードとアウェイで対戦。ダルウィン・ヌニェスのゴールで前半に先制すると、後半もアレクシス・マク・アリスター、モハメド・サラーのゴールで加点。1点を返されるが、コーディ・ガクポにもゴールが生まれ、1-4で圧勝を収めた。

遠藤はアンカーとしてこの試合も先発フル出場。2点目のシーンでは、相手のパスをカットし、そのままゴールに繋げる活躍。アンカーとしては守備面ではタフなプレーを見せ、攻撃ではボールを上手く散らすなど、高いパフォーマンスを見せた。

その遠藤には、イギリス『リバプール・エコー』が8点(10点満点)と高評価。献身性を称えた。

「前半のセットプレーの攻撃ではハンドで逃げ切られたが、セカンドボールを拾うために多くの仕事を行い、リバプールが優位に立つにつれて影響力を増した」

「重要な2点目ではボールを奪った。警告も受けていた」

また、イギリス『90min』は7点(10点満点)の評価をつけている。

「必要なあらゆる手段を用いて相手のプレーを寸断させた。リバプールは浮上し続けるため、彼のエネルギーを必要としていた」

さらに、リバプール専門メディアのイギリス『This is Anfield』も7点(10点満点)の評価。良いプレーだったとしている。

「全てを考慮するとかなり効果的な試合だった。ボールを奪い返せる時は奪い返し、動かし続ける必要があれば動かし続けた。必要ならば、あらゆる手段を使ってプレーを止めることもした」

「特にファビーニョのようなあからさまな肩でのブロックで黒斑に警告を受けたが、ファビーニョなら、信じられない笑みを浮かべて難を逃れたはずだ。まだ改善の余地がある」




CL・ELは決勝Tに突入!
パリvsソシエダ、インテルvsアトレティコなどWOWOWで生中継
>放送予定など詳しくはこちら