ブライトン&ホーヴ・アルビオンのロベルト・デ・ゼルビ監督が、シェフィールド・ユナイテッド戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。

18日、プレミアリーグ第25節でブライトンはアウェイでシェフィールド・ユナイテッドと対戦。日本代表MF三笘薫も先発した試合は、ブライトンペースで試合が進む。

左サイドに入った三笘は立ち上がりから良いプレーを見せると、13分にはメイソン・ホルゲイトのスパイクがヒザ上に入る悪質なタックルを受けることに。これでホルゲイトは退場となった中、20分、24分とブライトンが連続ゴールで優位に進める。

後半に入ると75分には三笘のクロスがオウンゴールを誘発。その後も追加点を奪い、ブライトンが0-5で大勝を収めた。

試合後、デ・ゼルビ監督は左の三笘、2ゴールを記録した右のサイモン・アディングラの両ウインガーのパフォーマンスを称えた。

「我々の選手たちは皆、自由であり、彼らがピッチ上でやろうと決めたことをサポートしてほしいと思っている」

「三笘とアディングラはどちらもとても重要であり、特にこの手のタイプの試合では、1vs1の状況で違いを生み出すために、ウインガーのポジションで彼らのスキルは重要になる」

サイド攻撃で差をつけることとなったブライトン。チームがしっかりとゴールを重ね、無失点で終えたことも称えた。

「試合は2-0で終わったわけではない。よりゴールを決め、真剣にプレーし続けなければならず、愚かなゴールを許してはいけない」



CL・ELは決勝Tに突入!
パリvsソシエダ、インテルvsアトレティコなどWOWOWで生中継
>放送予定など詳しくはこちら