ブレントフォードのイングランド代表FWイヴァン・トニーは、今夏に開催されるユーロ2024への出場を目標にしているようだ。イギリス『ミラー』が伝えている。

2020年からブレントフォードでプレーするトニー。昨シーズンはプレミアリーグ33試合で20ゴールを奪う活躍を見せ、2023年3月にはイングランド代表デビューを飾るなど順風満帆なキャリアを送るも、同年5月に232件もの賭博規則違反が発覚したことで8カ月間の活動停止処分を受けた。

それでも、1月に行われたプレミアリーグ第21節のノッティンガム・フォレスト戦で復帰を果たしたトニー。すぐさま変わらぬパフォーマンスを披露すると、ここまでリーグ戦5試合に出場して4ゴールと文句なしの成績を収めている。

17日に行われた第25節のリバプール戦でもゴールを記録したトニーは、現在の目標が夏にドイツで開催されるユーロ2024への出場だと断言。自身の持ち味を示して、残るシーズンでも存在感を発揮したいと意気込んだ。

「(ユーロ出場は)僕にとっての目標だけど、そこへ行きつくまでの間に何が起こるかはわからない。僕としては、良いプレーを続けゴールを決めることだけを確認しておく必要がある」

「イングランドでの代表デビューは夢が叶った瞬間だった。ただ、そこに浸ったりそこから落ち込んだりするのは避けたい。継続的、長期的にチームのメンバーとなって、より貢献できることを願うよ」

「(自身のファールの多さについて)もしかしたら、ディフェンダーもそれを狙っているかもしれない。ただ、ラフなプレーは僕の持ち味でもあるし、ディフェンダーがやり返してくるとしても、そこへ備えておかなければならないね」

「僕はこうしたタイプの選手なんだ。他のストライカーたちのため、面倒な部分はすべてこなそうと思っている」

CL・ELは決勝Tに突入!
パリvsソシエダ、インテルvsアトレティコなどWOWOWで生中継
>放送予定など詳しくはこちら